九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

九六式川柳『いなおり』()

九六式川柳『いなおり』()


ちょびちょびと
しぼりきれるか
立ち小便

放屁して
みしらぬ顔で
鼻つまみ

みず酒の
酔ったふりして
管をまく

政治家の
答弁聴く耳
舌を打ち

集まりて
病自慢か
同級会

孫もなく
妻もそしらぬ
吾ひとり

若者に
声もたからか
法螺噺

苦労とて
買ってくるほど
銭もなし


蓄えた歳を棒引き居直りて…


何気負う
いまさらカロリー
飯よそう

臭くない笑いもせずに独り屁


九六

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurokuro9696.blog54.fc2.com/tb.php/2217-9f246150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック