九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

【漫画蟲蔵】『かわぐちかいじ乃棚』(1)

【漫画蟲蔵】『かわぐちかいじ乃棚』(1)激動の軌跡


彼は漫画という表現で、歴史の点と点を繋げているのではないか、
そう思う時がある。
時間の経過は別としても過去・現在、そして未来へと続く縦軸に、人間の生きる証しという横軸を絡ませ布を噤みそして織り上げている。

ただそれには始まりがあり、創作の原点がある。
黒の闇世界、そこかに身を置くもの足掻きともとれる人間模様が彼の手にかかると鮮烈に血の気をおびてくるのです。
ただ読者にとっては、荒削りともいえる人間の息吹というものが受け入れがたい時期の作品群である。しかし同時にその鮮烈な生き様をもろに受け入れた読者としての私がここにいる。

初期の作品とは
デビュー作『夜が明けたら』()や
それ以前の『はずれた…ナットのバラード』()
その作品を掲載した、『けんか葉隠 原作宮田雪)』()である。

北冬書房の2作品
『風狂えれじい 』(1968)と
『死風街』()--そのうち手に入る予定。予告のみ掲載。
かわぐちかいじ00-
かわぐちかいじ01-かわぐちかいじ02+

かわぐちかいじ03-かわぐちかいじ04

『テロルの系譜』()---蔵にあったか未定 未読
『テロルの箱船 原作宮田雪』()
かわぐちかいじ20 テロルの箱舟

『黒い太陽』(4巻)
黒い太陽01-黒い太陽02

黒い太陽03-黒い太陽04

『私設探偵 赤い牙 原作勝目梓』()
かわぐちかいじ15-かわぐちかいじ16

『赤い野獣 原作勝目梓』()--これも蔵にあったかどうか、未読
『牙拳 原作東史朗』()
『猛者連ブギ 原作東史朗』()
『黒旗水滸伝 大正地獄編 原作竹中労』()残念ながら未読

かわぐちかいじ06-かわぐちかいじ10-

かわぐちかいじ14-かわぐちかいじ13-

かわぐちかいじ12-かわぐちかいじ11

かわぐちかいじ17-かわぐちかいじ18

かわぐちかいじ19
『襲名せず シナリオ関川夏央』()
『銀狼に孤独をみた 原作久保田太郎』()④のみ
『悪党商会』()
『悪人喰い』()
『蛮族警察 作-セルジオ関』()
『バクダン 極道疾風伝』()
『軍靴の響き 半村良』()--みているが蔵にはない
『唐獅子警察 滝沢解』()--みているが蔵にはない

もちろん完全ではないが初期の作品を掲載してみた。

次回は麻雀と探偵が待っている、この後を掲載する予定ですが、あり過ぎてすすまない。気の向くまま再度読みかえすのも一考かと…

沈黙は全巻大判だよ ハァー

浅川マキでもきくかぁ

九六



全て九六所有の蟲蔵より棚へ新居の移動へ移動したものから順次掲載です。
売り物は一切ありません。私の大好きな蟲たちです。
友人のみ閲覧を許可しています。
九六
このページのトップへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/04/16(月) 10:22:39 |
  • |
  • #
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurokuro9696.blog54.fc2.com/tb.php/2179-eccce418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック