九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

【本棚】『少年倶楽部/昭和十五年~十七年』(九冊)

【本棚】『少年倶楽部/昭和十五年~十七年』(九冊)


昭和15年5月号
少年倶楽部S15‐5月号01-少年倶楽部S15‐5月号02

昭和16年新年号
少年倶楽部S16‐1月号01-少年倶楽部S16‐1月号02

昭和16年8月号
少年倶楽部S16‐8月号01-少年倶楽部S16‐8月号02

昭和16年10月号
少年倶楽部S16‐10月号01-少年倶楽部S16‐10月号02

昭和17年4月号
少年倶楽部S17‐4月号01-少年倶楽部S17‐4月号02

昭和17年5月号
少年倶楽部S17‐5月号01-少年倶楽部S17‐5月号02

昭和17年7月号
少年倶楽部S17‐7月号01-少年倶楽部S17‐7月号02

昭和17年8月号
少年倶楽部S17‐8月号01-少年倶楽部S17‐8月号02

昭和17年9月号
少年倶楽部S17‐9月号01-少年倶楽部S17‐9月号02


表紙と裏表紙をセットにして表示してみた。
軍事色が濃くなっていくのがみられる。


少年倶楽部S15.16.17◎

金額は前回の昭和8年と同様の五十銭、厚みは半分の1cm位である。
こののちにガリ版印刷の少年倶楽部もあったという、多くの子供たちは闇の中へと押しやられていった。そんな時代であるが、この本を手にとった子供は裕福な家庭であったという事も忘れてはならない。


九六


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurokuro9696.blog54.fc2.com/tb.php/2168-ed5b4429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック