九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

『古書店のすすめ』

『古書店のすすめ』()


 最近、町に出かけることが少なくなったが、行きたい場所がある。

それは古書店、つまり古本屋である。新刊書は大型店が南北にできて行くといつも繁盛している。本の数が大量にあるため求める書物を選べるし、最近は店内の照明も明るく飲食店も併設され、気軽にいけそうな娯楽施設の雰囲気でスペースを利用した歩く運動まで叶えてくれるのです。

でも本当はあの暗いイメージの古書店が大好きなんです。ホコリがやや沈んで書籍の上に時間を落としていく。嫌がるひともおられるでしょうが、それがまた好奇心と探検気分を倍加させてくれるのです。

横積みになった下から五冊目や紐にしめられぞんざいに積まれ、その挟まれたなかから何年も動かした形跡のない本が突如として顔を覗かせる。それが今回の購入となったのです。

普通の書店とは違って値引き可能な世界なのです。だから決して相手に値段を聞いてはいけない。まずは店内を一巡り半、歩みを止めて屈み探索する。めぼしいモノがあっても素通りする位の勇気はひつようなのだ。

もう半周を緩やかにすすみあの本を手に取る。一回放して再度開く。そしておもむろに口をひらく。例えば2千円の続きものを見つけたら大胆にこちらから千円でどうかと切り出す。私は後ろのページで値段は知っているが、主人は本を私から受け取りながら 指を顎にあてて考えている。
その時に遅れてはいけない、三冊まとめて購入したいがと ことなげにいう。沈黙が一分はない。即座にぜひにとも言わないで、顔にいささか困った顔をつくりながら承知したという言葉が返るかもしれない。その時もう一言、別の本をとり、これも千円にならないかと初めて気弱にねだる。

こうして今回は四冊を無事に家につれてくることができた。
でも最後の一冊は本当は狙っていたもので裏には2800円と記してある。そこでもう一言もっと安くならないかなぁと空に向かって言うと、それ以上は生活があるから負けられないと答える。

首尾よく購入したが、逆に睨まれることもあることを何度も経験して十分に知っています。

程よく在庫処分に手助けして、私も安価な書籍を手に入れて万事好都合ということだが、金はすぐには払わない。つまり持ち合わせがないというか、最初から財布に入っていないのだから私も困ったひとだ。大金を持っていると気が鷹揚になり値踏みに負けるやもしれない。30分後に近くの銀行から引出して、それから支払いとなる。

本当の話かって、創作に決まっています。
それじゃあ私は阿漕な越後屋ってことになるわげですな。ところで、お代官様はどこにいるの。…うしろじゃあ、越後屋ぁお前も相当の悪よのう。てなとこで後は仕掛け人に殺される訳ですな。


確かに今の時代、古本屋さんは大変なのだ。大型店に客はとられる、若者は本を読まないでパソコンに頼ってばかりなのだ。世の煽りをくらっては虐められ、わたしみたいな者に厳しく値を叩かれ これじゃ閉店を余儀なくされるのはみえている。

しかし古書店には私をかきたてる不思議な力が存在する。それは書籍についての会話である。前の人が何故に愛着のある書籍をてばなしたのか、そこには世間話や人柄がにじみでてくるからである。主人との会話は豊富で面白く奇々怪々な話を聴けるのだ。こうやって購入する本に歴史を擦り込んでやるのも楽しい。後でこの本がこうやって手に入れたなんてのを棚から眺めているはずだ。

昔は冗談で厚い本を買え、字の多い本を選べなんて言ったもんだが、小さいと疲れて眠くなる。そこで枕代わりの分厚い本が登場することになる。

本当かって、嘘に決まってます。

今の時代本当に読まなくなったかというと違います。新書の大型店に行ってごらんなさい。ひとがどこかしことウヨウヨしています。皆さんが手に新しい紙カバーをつけて、いかにも本は持っているが題名は見せないぞという健気な様をご覧になったことがございましょう。
一番安価な娯楽なのです。もうすぐ電子書籍が巾をきかしてくると思われますが、本の逆襲も始まっているんですぞ。本を馬鹿にしてはいけませんです。

とにかく、パソコンじぁ…枕にならないですよ。読んでみあきたら、ぜひ小さな古書にも光をあててくださいませ、新しい主人がやってくるのをつぶらな瞳で待っているはずです。
そんなにも古本屋の肩をもってるなんて誤解しないでください、体ごと持ち上げているんです。

本は機能的にあなたを支えることもお金もだしません、しかし心の潤いにはうってつけです。
それにつけても、あの不可思議な空間と書肆を見捨ててはいけませんぞ。

九六


このページのトップへ

コメント

九六さま
小生は気が弱いから古本屋さんに入るのも大変。まして値引きなど、そっと本を差し出すのみです。

  • 2012/03/30(金) 14:35:43 |
  • URL |
  • 67号 #-
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/03/30(金) 09:35:45 |
  • |
  • #
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurokuro9696.blog54.fc2.com/tb.php/2163-c9b3fc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック