九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

【甦る】『…あの付録』

【甦る】『…あの付録』


きっと少年期の夢中にになったものが、押し入れの中にある紙箱に十字紐で結えられて出てくる。
それは初めて買ったゼロ戦のプラモデルであり、月刊の漫画雑誌、ベーゴマ、太陽光線に翳すと煌めくビー玉、変哲のない石ころ、牛乳の紙蓋…。
どこかに置き忘れたその時代のこころの一部分、ジグゾーパズルのようにピースが欠けて完成しないもの。決してだれにも譲れない自分だけの記憶があるものだ。

だから大人になって、欲しかったプラモを今は作らなくとも、みかけた模型店で他愛無く購入してしまう。箱を棚に飾って置くだけでこころの隙間に充填されるひとりだけの愉しみがある。

タダをこねて買って貰ったモノより、あの時代にあきらめたという意識がどこかに宿っています。



蟆大ケエ縲?莉倬鹸002_convert_20120328195136

蟆大ケエ縲?莉倬鹸006笳酸convert_20120328200323

蟆大ケエ縲?莉倬鹸001_convert_20120328195820
少年 付録より

今回は友人T氏からみせてもらった「少年」の数ページ付録。
戦争は嫌いだけど、あの時代のメカが好きだ。坊主憎けりゃあ袈裟まで憎い的発想は今の僕にはない。
一人合点だけど、けっこう割り切っているのかもしれないなぁ




でも、棚に飾ったプラモはもういつでも作れるのだから…

九六

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurokuro9696.blog54.fc2.com/tb.php/2160-c72f6251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック