九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

【漫画蟲蔵】『伊藤潤二の棚』

【漫画蟲蔵】『伊藤潤二の棚』


昔、貸本屋と夏の映画館には恐怖が満ちていた
貸本屋には御大の楳図氏のおどろおどろしい世界があり
夏の夜の映画館には、四谷怪談、牡丹燈籠など化け猫や蛇女がいました。
外国からはフランケンシュタインのモンスター、ドラキュラ、ミイラ男など夜な夜なやってきましたね。
そして祭りの夜、お化け屋敷や呼び込みの小屋がやってきた。

恐怖をどのように描くかというより、いかに独りで怖がるか
いまも変わらぬテレビ番組が、呪いの曲と共に忍び込んでくる。

いまならこの漫画かもしれないと感じている。
得体のしれない異形のモノがやってきた。
そんな恐怖を垣間見る棚なんです

富江   あったはず…
フランケンシュタイン
怪奇カンヅメ
死びとの恋わずらい
トンネル怪憚
うずまき①②③ ②がない
伊藤潤二恐怖マンガコレクション①~⑯ ⑬⑭がないぞ
うずまき【全】 小学館版
ギョ①②
闇の声
地獄星レミナ

伊藤潤二001-伊藤潤二002-伊藤潤二003

伊藤潤二004-伊藤潤二005-伊藤潤二06

伊藤潤二007-伊藤潤二008-伊藤潤二009

伊藤潤二010-伊藤潤二011-伊藤潤二012
全16巻のうち、13・14巻がみつからない。そのうち追加する事に。
-------------------伊藤潤二015-伊藤潤二016

当時、「うずまき」2巻目がなくて、改定版を購入。いまなら買えるかな
伊藤潤二017-伊藤潤二019-伊藤潤二020

伊藤潤二021-伊藤潤二022-伊藤潤二023

伊藤潤二024-伊藤潤二026-伊藤潤二027

伊藤潤二028-

伊藤潤二000-伊藤潤二0001



昔、昼飯を食べにラーメン屋さんに行った。食べながら週刊誌をみていたらコマをみて思わず喉に詰まった。
それが自動車タイヤ人間だった。なんと凄い、喉に引っかかった麺を押し込んで、ラーメン屋の主人にこの雑誌を無理矢理頂いた。だから切抜きもあるはずである。
「うずまき」をお試しあれ。これこそ夢にでてくるモノ…。

この他に沢山でていますし蔵から出てこないものもあります。そのうち恐怖の蔵をみてみますか。
ミミの怪談 潰談 憂国のラスプーチン①②  
 
彼の作品の映画化したものを何本か(大体全部)みていますが具体化されたものはまた別物かなぁ。
wowowでも特集し放映

ところで、恐怖は人それぞれ違いますが、思うところ一番は人間でしょうか、何を考えているか判らない隣にいるあなたです。そしてもっとも危惧すべき自分ですね。
ギリシャは取り敢えず危機を伸ばしたが これも恐怖、あれも恐怖
明日はくるのかしら…

九六






伊藤潤二恐怖マンガコレクション①~⑯
第1巻  富江①
第2巻  富江②
第3巻  肉色の怪
第4巻  顔泥棒
第5巻  双一の楽しい日記
第6巻  双一の呪いの日記
第7巻  なめくじ少女
第8巻  血玉樹
第9巻  首幻想
第10巻 あやつり屋敷
第11巻 道のない街
第12巻 いじめっ娘
第13巻 サーカスが来た
第14巻 トンネル奇譚
第15巻 死びとの恋わずらい
第16巻 フランケンシュタイン
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurokuro9696.blog54.fc2.com/tb.php/2120-fdd85fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック