九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

【漫画蟲蔵】『青柳裕介の棚』

【漫画蟲蔵】『青柳裕介の棚』

あれほど泥臭く、地元に根をはり気概がある人間たちを描き続けてきた。
若い頃に板前という異色の漫画家でしたね。

土佐をはじめ、土地柄を愛して たくましく生き抜く老若男女
今思うと何故か自分に厳し人ではなかったのかと推察する。


青柳裕介04-青柳裕介05

青柳裕介06-青柳裕介07

-青柳裕介03-青柳裕介01
電子図書で一度みて欲しいなぁ
今でこそ地元で漫画を描き東京に送る時代となった。
その地方独特の言い回しや、風土をコマの奥に秘めて語りついだひとである。


長編は週刊誌等でよんでいたので、購入はあまりしなかったが
いまでも初期の氏の作品が大好きだ。そんな思いれのある棚がある。



5冊の単行本

陽炎           青林堂   COM掲載 
                 
さくらんぼと暴風圏    奇想天外コミックス
あの頃唄ったあの歌は・・ 奇想天外コミックス 
ふるさと土佐の漁師まち  奇想天外コミックス
メンソレの涙       日本文芸社
潮騒の唄         日本文芸社 



 
まだ蔵にあるはずだ。雑誌の切抜きファイルもみつけたら後で載せる事にしよう。

揃えきれなかったが…他には
土佐の一本釣り、土佐の鬼やん、はるちゃんなど
多くの作品をのこした。



平成13年8月9日 逝去  56歳
なんと早すぎる旅たちだぞ

九六


なんか書籍の棚が次回のものと一緒になってしまったらしい
訂正しました


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurokuro9696.blog54.fc2.com/tb.php/2119-f28be052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック