九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

「テレビが大好き?」001

「テレビが大好き?」001

ここ最近の予約登録した番組をまず挙げてみようか。

地上デジタル番組
「さかのぼり日本史」NHK
「歴史秘話ヒストリア」着物の彼女いいね。秘話・秘史って誘うよねぇ
「世界のみんなに聞いてみた」あまりにも、突っ込みとボケをしってる変な外人
「ありえへん∞」 これは、なんかジャンルが違う
「世界ふしぎ発見」一番長く視てるのに飽きない
「和風本舗」司会のタメグチが…良い
「一億人の大質問!笑ってコラえて」 支局が面白すぎる
「世界の果てまでイッテQ!」 イモト…やっぱり○○
さて○○には ①凄い②美人③天才④女性⑤その他 選びなさい
「ライヤーゲーム」ドラマ再放送 映画は視た、だから
「謎ときはディナーの後で」ドラマ再放送 軽妙で面白い
「ストロベリーナイト」連続ドラマ やっぱ 美女と残酷 苺がぁ
「オーパーツ」ドラマ SF的なぁとこ
「映像記録3.11 あの日を忘れない」NHK 観ておかなければ
「ヒューマン なぜ人間になれたのか」シリーズ NHK  古代だぁ
「ブラタモリ」シリーズ NHK このシリーズは絶対視るんだ

BS
「新日本紀行」まっつぁんの声が堪らない
「カーネーション」連続ドラマ NHK 朝ドラ、3姉妹と母
「BS歴史館」シリーズ NHK 歴史を各人が絡み掘り下げて 結果ナシ?
「BSシネマ」NHK 監督の薦める100本の邦画だってぇ
「世界遺産 時を刻む」シリーズ NHK BBCにも…
「連続時代劇 陽炎の辻」再放送 NHK これは好きだよ、イワネ!
「連続時代劇 御宿かわせみ」再放送 NHK 昔は視れなかったから
「極上美の饗宴」シリーズ NHK 
「カンブリアン ウォーズ」特集 NHK まあ、SF気分
「テラノバ」連続ドラマ これもSF気分
「謎のアンダーワールド」シリーズ  各国の地下に潜む…やっぱりなぞなぞ
「キリスト 三つの名画の謎」短期シリーズ再放送 面白いよ
「ギリシャ伝説の英雄たち」短期シリーズ再放送 神話だね
「THEナンバー2 歴史を動かした陰の主役たち」シリーズ 知らない事があった
「時代劇 逃亡者おりん」連続ドラマ なにやら唯一の時代劇だそうで、でも主役が…
「ディスカバーチャンネル」シリーズ 謎とか話題
「時代劇 座頭市」連続再放送ドラマ これだけは見逃せないぞ。
「名探偵明智小五郎」再放送ドラマ 過去に録画してるんだけど
「ノンフィクション 石の巻・上映奮闘記」友人がいるので…
「wowow 公開映画全般多数」金を払っている。でもレンタルは嫌だしね

なんか凄いことになっいる
つまり良くも悪くも観ているってことなんだ。
番組予約はwowowを中心にくみたていて、二重録画をしたままDVDの再生しつつ視る。或いは保存する。
今では番組が全部録画できる機器があるそうだが、もう十分堪能している。

さて、番組は自分の知らない世界を観ること、文化の違いに単純に驚愕する事、歴史モノは歴女ならぬ歴爺なので、こだわりはなく、時代劇もその一環として視ているようだ。問題は映画なのだ。基本的にはSF(SМじゃあない)と怪奇を中心にこれまた拘り境なく視てしまう。時間も懸る、そうなると録画してみるから機械音痴では面倒な手間になる。朝ドラはハマってしまうので敬遠していたが、やはり視てしまうから節操がない。一番の優先順位は、マヤとかアステカ・インカという言葉に弱く、謎とか不思議という言葉に滑り込む。


なんか時間をテレビに取られているようだ。困ったヒトですね。
もう少し外にでたらどうだ!!!みんなからそう言われる

九六


補記 
「デカわんこ」スペシャルに水戸黄門がでていた。
古地図をみるとサングラスを何故かしたくなり、新聞紙を広げ、ブラッとする。
そして他人の庭を通り抜けたくなった
最近、苺が苦く感じるのはなぜか

上にはないが「タモリ倶楽部」という番組がある。美空ひばりの時舟の転げるシーンを想いだす。これが…
ワハハ本舗三人娘も常連でしたね。
先日、二週連続で潜水艦訪問の巻があり、もしかするとこれはブラタモリかな?と思った次第。こんな不可思議な番組は見逃せない。この曲…英語なのに…日本語に聴こえる。まるで腹話術師!!



このページのトップへ

コメント

悪夢の扉

悪夢の世界への扉

経験した事がなければ夢の筋立てはない
過去のトラウマになる経験は夢の温床となる
時間経緯に関係なく突然現れ そして消える

悪夢の棲家は自分であります
犯罪を悪と思わなければ、或いは悪意を悪と気づかなければ傷にはならないので悔いは残らない。
懺悔と告解は何におこなうのか、全て生きているモノは罪なのか
小説・漫画・映画の題材になりえる悪夢には限界がある

夢で人は殺せるのか、或いは殺されたいのか
どうせみるなら明るい夢がいい

まあ、そんな悪夢をみない人は存在しないだろう
体調による自己存在
あの時こうやっておけばという悔いの念は常にある

悪夢は自分が監督である
それでも夢の原因たる過去の心の傷に塩を塗りつける輩がいるのも事実だ
知らないですめば気にならないのに人はこだわり続ける

扉はいつもそこにあって、それが創作意欲となるやもしれないでしょうね
なんて思いついたまま箇条書きしてみた。

九の字

  • 2012/03/01(木) 11:58:40 |
  • URL |
  • 九の字 #-
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/03/01(木) 11:09:18 |
  • |
  • #
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/02/29(水) 22:33:18 |
  • |
  • #
  • [編集]

なにかしらいやな夢をみること、或いは過去の時空の狭間

 つい先ごろまで会社という精神的圧迫の中で何十年も過ごしてきて、いまは規制が唐突になくなり、頭の中が悶えるような奇妙な危機感と苛立ちを感じてしまう、それが奇妙な夢をみる原因のかもしれない。
映像化された夢の中に昔なのにあたかも今という現実感、試験の単位を落としそうになる夢をいまだに年に何度かみることがある。

レポートの提出が遅れたとか、友人のノートを充てにして借りられないとか、まったく汗だくの切迫したものなのです。
外国語の試験に諺を暗誦し教授の前で答えるというのがあった。質問の100例の中から10問だけ英語で答えるというものだったと記憶している。必死に暗記するが、当日になって どうしても試験すべき部屋がみつからない状況なのだ。
やっとの事であったと戸を開けると、いつもの教授がニヤリと笑いひと言「終わったよ」という。
そこを何とか頼みこみ試験を受けるが、問の答えがどうしても判らない。頭脳はヒートしぱなっし、熱くなって汗がダラダラと床に落ちて床に滲みこむ。するとその教授は「ここはドイツ語の試験室だよ、英語は隣の部屋だ」とこともなげに言い放つ。
…そんなところで夢が終わる。布団は汗まみれ、息は荒く節々が鈍く痛い。

この話を友人に言うと、「作りすぎだよ、その夢噺」と一蹴された。
そのとおり、その通りだよ 嘘なのかもしれない。だけど今ここにいるのは、試験に受かり40年以上経っている自分であり、いまだに試験を受けている状態の自分でもある。否、本当に受けなかったのかさえハッキリしない曖昧な状態だ。ぼやけた過去が渦巻状になって圧し掛かる。それにしても凄い頭痛がする。

堂々巡りの奇妙で現実的な夢なのに過酷な倦怠感に襲われる。
些細な過去の事柄が、現在の時間との狭間に瞬時に行き来しているような不快感は続くのだろうか。
もしかすると、これって贖罪…
九の字

  • 2012/02/29(水) 16:47:52 |
  • URL |
  • 九の字 #-
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/02/29(水) 11:23:13 |
  • |
  • #
  • [編集]

S君へ

懐かしい話ですね。あのころはМ県に転勤して、よく麻雀など、つきあって頂きました。ありがとうございました。
短期転勤のつもりでしたので払いませんでしたね。本当に自宅では全部支払っていたのです。でもね映画専門の契約をして、あちらは全然と言って程見なかったのは事実ですよ。
それからあの絵はS君の絵ですよ。私のではありませんです。
電話では元気そうなので安心しましたが、そのうち又 逢って話したいもんですね。雀も啼きたいと騒いでるようです。毎日が淡々と過ぎていくのもいいものです。皆さんにヨロシクね。
九の字

  • 2012/02/28(火) 20:14:44 |
  • URL |
  • 九の字 #-
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/02/28(火) 19:41:48 |
  • |
  • #
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurokuro9696.blog54.fc2.com/tb.php/2118-8a76f589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック