九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

まだまだ続く蔵の中

まだまだ続く蔵の中

作家別に棚を決め一冊づつ収めていく毎日です
私の場合ネット購入は今までしたことがなく
初めて「小山春夫」氏の復刻版を購入しました
直接に書店、古本屋や今はなくなった貸本屋へ出向き
会話を楽しむこともいいんだと思っていたからです。
でもこれからはわけいってみようかと…

仕事で東京、長野、群馬、仙台、山形、新潟、福島など東北や
七年住みついた北海道、帯広、釧路の道東
めぐり立ち寄った店舗が懐かしい

今度の地震でこれほど棚から落ちたのは
今までなかった経験でした

漫画や画集、小説など痛んだものもあり
落胆して一年が経とうとして
各地からやってきた蟲(本)たちが騒ぎ始めたため
やっと整理に入った訳です

棚の紹介は蔵と新しい舎(住居)へ
蟲の移動に他なりません

映画をみる時間
漫画や小説をみる時間
いまや我が家は映画館と同じ 
オールナイトありの無制限 夜間営業
昔の文芸坐ごとくでありますが
プラス漫画と珈琲を用意してあり
豪華なんでしょうね

そんな気儘な毎日をおくっている私ですが
懲りずに足を運んでください。


勤めないということは
時間が永遠にあるっという事でしょうか

まあ、そのうち考えてみましょう…

それから
本として存在しない切り抜きや表紙、
ファイルされた過去の子蟲も陽の目をあてさせてやろう



九六


まさか こんな事にはならないとおもうが…
【本棚】街角


このページのトップへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/02/14(火) 15:44:38 |
  • |
  • #
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurokuro9696.blog54.fc2.com/tb.php/2097-ef82d61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック