九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

『レオナルド・ダ・ヴィンチ特別展』

『レオナルド・ダ・ヴィンチ特別展』

モナ・リザ25の秘密と銘うってダ・ヴィンチ特別展が日比谷公園で開催されているが今月の20日で終る。
12月上旬から二ヶ月の間 展示されていたのはなんなのだろう。誰か行っただろうか教えてください。

『ダ・ヴィンチ特別展』

先日、テレビで『ダ・ヴィンチの指紋』をみました。美しき姫君と題した絵は新しく発見された作品であるという。でも展示されている訳ではないが そのうち日本でも公開されるという。そのゑの左上方についた指紋がダ・ヴィンチ本人かもしれない。
賀正のスリーパーの話も話題になったし。どんなものだろうなんてワクワクしてしまいます.

『ダ・ヴィンチを知りたい』なる本を買って観ていますが行くのは無理だろう。

ダ・ヴィンチを知りたい-『ダ・ヴィンチの文字』-00

九六





このページのトップへ

クロスロード2011-02-19(土)

クロスロード2011-02-19(土)

クロスロードライブ

19:40~
千葉幸成&佐々木宏

21:00~
Hot club of MORIOKA

クロス2011-02-19


たまには行かねばっとおもっているのですが‥

九六

このページのトップへ

【視音摩缶】B級映画を喉元まで

【視音摩缶】B級映画を喉元まで

年末から2月の中旬きで観まくり日々
ジャンルはなるべく旧いB級順にと思うが たまにはこってりした物もいい
でも 表記は棄てる事になるビデオの題名を確認しつつ鑑賞する。


●『ヘンリー五世』1989英 ケネスブラナー B級ではありません。彼の有名な英仏戦争=を描く。歴史ものは好きでよく観ていたがなかなかいい。

●『フォーリング・ダウン』1993  ハイウェイで何処に行くんだの問いに「家に帰る」と云うんだ。これも数回観ているなぁ。どの映画もそうなのだが年齢重ねてみると物事の捉え方が変わってくるよね。素手からバット ナイフそしてマシンガンとエスカレートしていく まあ最後は水鉄砲だけど。問題提起はあるものの各自に事情があったという 何かいらつく映画ですね。いうまだもなくフォーリング・ダウンはフットボール 当然車両番号の名前Dフェンスの然り でもなにを防御してたんだ。


B級映画を喉元まで

今回は棚奥から探し出した
『ブラック・ムーン』1975
ルイ・マル監督作品『ブラック・ムーン』は不思議な世界がひろがります、恐怖から遁れた先には秘められた屋敷があったという場面から始まります。フランスと西ドイツ(当時)の製作。現実と幻想が入り混じった世界です。

さてこれも棚奥からみつけたモノ
『恐怖の精神病院』1946
RKOの一作。前回は予告を先に観てしまったが本編がみつかって良かった。貴族夫婦が話のネタに病院見学にいくお話、登場するのが院長がボリスカーロフ。『死体を』


『恐怖の精神病院』1946 ↑
『コルドリエ博士の遺言』1959  ジキル&ハイド
『ウエスト・ワールド』1973 続編もあったね
『デモンシード』1977 悪魔の種子
『地球の危機』1961 ネルソン提督の潜水艦シービュー号 深海生物 『水爆と深海の怪物』

『宇宙大征服』1968 月世界探検 
『ブラック・ムーン』1975 ↑
『シエーラザード 千一夜物語』1990米仏
『ヘルキャット 呪われた棲み家』1991 猫のバニック映画
『バーチャドライブ』1996 マトリックスなる言葉が出てくる

『シャドービルダー』1997 悪魔崇拝
『スバイダー・パニック』2002 巨大昆虫パニック
『リサと悪魔』1972 テリーサバラス


『ジャングル・ジョージ』1997 フレイザー  ターザン風
『タイムトラペラー 昨日から来た恋人』1999 フレイザー 時間/人工冬眠
『悪いことしましょ!』2000 フレイザー 悪魔
『インクハート/魔法の声 』2008 フレイザー 魔法
『センター・オブ・ジ・アース』フレイザー 地底旅行

『ジュラシツク・パーク』1993
『ロスト・ワールド ジュラシツク・パーク』1997
『ジュラシツ・パーククⅢ』2001

『インディ・ジョーンズ レイダーズ 失われた聖櫃(アーク)』1981
『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』


とにかく
毎日が映画館

九六










このページのトップへ

【視音摩缶】怪奇映画が面白い

【視音摩缶】怪奇映画が面白い

さてヴァンパイア映画の続き
『ヴァンパイア 最後の聖戦』1998
『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』2000
『ダレン・シャン』2009
『アンダーワールド ビギンズ』
まだ次作がある


フランケンシュタインシリーズとなると

エジソンのモンスター01-エジソンのモンスター03
『エジソンのモンスター』部分↑
『フランケンシュタインの真実』
『メアリーシュリーとフランケンシュタイン』
『カリガリ博士』予告のみ   何処かにあるはず
『恐怖の精神病院』予告のみ↓ 何処かにあるはず さがしてみる
狂気の精神病院01


『ケネスブラナーの撮影綴 フランケンシュタイン』勝手に作製
『フランケンシュタイン』1931 ボリスカーロフ
『フランケンシュタインの花嫁』1935 ボリスカーロフ
『フランケンシュタインの逆襲』1957 ピーターカッシング
『フランケンシュタイン』1994 コッポラ版

『ゴシック』1986
『ハウス オブ フランケンシュタイン』1998
『ヤング・フランケンシュタイン』1974
『凸凹のフランケンシュタインの巻』1948
『ヴアン・ヘルシング』2004
『フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン』1965

続いて‥

『黒猫』1934 ルゴシ
『大アマゾンの半魚人』1954
『蝿男の恐怖』蝿男三部作 フライのベース
『蝿男の逆襲』
『蝿男の呪い』

『ファン・グルフ』1997
『ブラットウルフ』2007
『ウェス クレイブン’s カースド』2005
『ウルフ』1994
『ヘルレイザー リターン オブナイトメア』

『シャドウ・ビルダー』
『光る眼』1960 何度観てもいいぞ

それでも
『シュレック』①②③は何度目になるだろう  ④も観たい

かなり以前にリストを作成したが全て消滅してしまった
今回は観ながら作ろうかと思う
‥‥いまだ途中

ビデオの棚


九六



このページのトップへ

【視音摩缶】古典SF怪奇映画をみつづける

【視音摩缶】古典SF怪奇映画をみつづける

金星怪獣イーマの襲撃

『地球へ2千万マイル』1956 別題-金星怪獣イーマの襲撃
『水爆と深海の怪物』1955 ゴジラの1作目が1954年だったね
『メトロポリス』1927
『世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す』1956
『ガリバーの大冒険』1960

『ドラキュラ』1992
『ヴァンパイア イン ブルックリン』1995
『クイーン オブ ヴァンパイア』2002
『ニアダーク』1988
『ラストブラッド』2008

『吸血鬼の接吻』1963
『ドラキュラの呪い』1958
『魔人ドラキュラ』1931
『魔人ドラキュラ』スペイン版1931
『ヘルボーイ ゴールデンアーミー』

いま観ているのが
『ヴァンパイア 最後の聖戦』1998

この次はフランケンシュタインと狼男シリーズを‥



テレビ番組から面白いものを羅列

『古代文明のルーツ』メソポタミア、鉄器の時代、ギリシャ、アレキサンダー
『ダークエイジ大聖堂』①-
『マンモス マムーの物語』前後
『津波の波』
『絵画の美女たち』

『砂糖の不思議』
『鮨職人』
『ブラタモリ総集編』羽田、築地、赤坂、池袋
『ダナキル砂漠』
『まるごとルネッサンス』

『雪舟』
『月岡芳年』
『与謝蕪村』
『黒澤明』
『葛飾北斎』

『聖地学』
『村山塊多』
『熊谷守一』
『名画スリーパー』
『海野十三』

『砂金』
『ノストラダムス2012の謎』前後
『聖杯伝説』
『ソドムとゴモラ』
『エジプト』ラムセス、ハトシェプト、ミイラ、ザヒヘワーズ

閑だというのもなんだけど‥気分はいいね

九六
このページのトップへ

桜山へのエールコンサート2011-02-06

桜山へのエールコンサート2011-02-06

岩手県公会堂
2階26号室
14:40

3,000円‐前売り

Hot club of MORIOKA(ホット・クラブ・オブ・盛岡)
矢野忠と吉崎順一(やのただし&よしざきじゅんいち)Vo、ギター&ヴァイオリン 青空ロマンス楽団
オラン(平賀康子ひらがやすこ)アコーディオン
石橋幸(いしばしみゆき)ギター弾き語り
河崎純(かわさきじゅん)コントラバス

このページのトップへ

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック