九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

【石樂】『石の棚』

【石樂】『石の棚』

あちこちの場所から拾い集められて
この棚に置かれたもの言わぬ石

過去を閉じこめて
ひたすら黙りつづける

名もなき石の戯言など
誰も聴きたくはないだろう

何千年も何万年も
これからも
ただみつめるだけ

この棚は夢の揺り籠
或は牢獄かもしれない

夢想する石たち

石たちの夢


九六



このページのトップへ

『ななきた・いずみの漫画匣』

『ななきた・いずみの漫画匣』

久しぶりに漫画原稿をみせてもらう。
彼はSF作品が多い、しかし前回は忍者ものを描いてきた。
今回はなんと野球漫画である。彼も引き出しの多いひとです。
ところでこの続きはペン入れが終った後になる予定だ。
そのうち自作の本がでるかもしれない。

ななきたいずみ01-ななきたいずみ02-ななきたいずみ03-ななきたいずみ04-ななきたいずみ05-ななきたいずみ06-ななきたいずみ07-ななきたいずみ08

さてどうなるんだ‥

待っています

九六

このページのトップへ

酒志樂『殻つきのアーモンド』

酒志樂『殻つきのアーモンド』

最近、酒がいまいち
もともと体調がおかしいからだと感じている

だけどJDだけは何故かいい

殻つきのアーモンドを掌で割りながら
ロックがすすむ

【酒志樂】ジャックダニエル02-【酒志樂】ジャックダニエル10
【酒志樂】ジャックダニエル01-殻つきのアーモンド★

九六



このページのトップへ

『除かれた記憶/山内正宣展』

『除かれた記憶/山内正宣展』

ひとつの記憶が眼球のまえを蠢く
それは本当に過去の幻影なのだろうか

ギャラリー彩園子にて
12/13-12/25

山内正宣展03-山内正宣展02

------------------山内正宣展05


--------------------山内正宣展01

壁に飾りたい‥

九六

このページのトップへ

『友部正人』2010-12-17

『友部正人』2010-12-17

友部正人2010-12-17

昔々、セロ弾きの小屋というライブハウスがあった
時代はながれ また彼の詩とであう


友部正人ライブ-☆彡


九六


このページのトップへ

『紅い月/皆既月蝕』

『紅い月/皆既月蝕』

さて今月の21日は晴れていれば、紅い月がみられるそうだ。
さあ、血で塗られたような不思議な夜がやってくる

九六




このページのトップへ

『岩手山とアララト山』

『岩手山とアララト山』

テレビをみていて驚いた
岩手山だと思っていたら
箱舟のアララト山だった

まずは岩手山
銀の巌鷲山11-20①
アララト山
アララト山02

アララト山01-アララト山03


これは姫神山とおもったら 
ネムルト山だった
アララト山04
アララト山05
どこにでもある山の形態だが
あまりに似ていてので掲載してしまったのです

九六


岩手山の対になっている姫神山もU氏のために掲載しておきます
姫神山
銀の姫神山+
あまりいい写真がなかった



このページのトップへ

駱駝博物誌『利根川辺り』

駱駝博物誌『利根川辺り』

12月(師走)の土手辺りを探索した駱駝氏から届く

秋嵐すぎて001
秋嵐すぎて002
秋嵐すぎて003
秋嵐すぎて006
秋嵐すぎて007
秋嵐すぎて008

☆秋嵐すぎて010
前日は嵐だったとある

【駱駝博物誌】

ありがとうございます--九六



このページのトップへ

『ほっとするひと』2010-12-5

『ほっとするひと』2010-12-5

ほっとするひと☆彡

引出しの多いひとだ
久しぶりに
憂歌団のおそうじオバチャンを聴く

わたしゃビルのおそうじオバチャン 
わたしゃビルのおそうじオバチャン
モップ使って仕事する

朝・昼・晩と便所をみがく
朝・昼・晩と便所をみがく
ウチの便所はもうイヤヨ

1日働いて、2.000円!

ほっとするひと☆彡02-ほっとするひと☆彡03-ほっとするひと☆彡04


てなわけで最高の夜だった
ありがとう‥ね

九六



このページのトップへ

駱駝博物誌『川越ちんどん』

駱駝博物誌『川越ちんどん』2010-11-20

川越ちんどん2010-11-20-川越ちんどん268

川越ちんどん250-川越ちんどん251-川越ちんどん272

川越ちんどん252-川越ちんどん253

川越ちんどん255-川越ちんどん257

川越ちんどん258-川越ちんどん259

川越ちんどん260-川越ちんどん261

----川越ちんどん263+

川越ちんどん277-川越ちんどん276

川越ちんどん278-川越ちんどん279

川越ちんどん280-川越ちんどん281

川越ちんどん285-1-川越ちんどん283

川越ちんどん284-川越ちんどん286

川越ちんどん287-川越ちんどん289

川越ちんどん294-----川越ちんどん293

川越ちんどん298

--------------川越ちんどん299

【駱駝博物誌/小江戸川越素人ちんどんフェスティバル】


素人が仮装する祭りは愉しそうだ
駱駝さんありがとう-九六

川越の街並は後日 パート弐にて



このページのトップへ

『雪がふる』

『雪がふる』

窓のむこうが静かです
フワフワと
大きな雪花が
穹の切れ目からまいおちる
雪がふる 01

言葉も声もみんなとじ込めて
沈むようにかさなる

雪がふる 03

またこの季節がやってきた

雪がふる 04

パイプの温もりが
やけに恋しい

パイプ

そうだ
ホットウイスキーにしよう‥

今年二度目の雪の日


九六



このページのトップへ

『深夜食堂』2010-12-2

『深夜食堂』

深夜0時から朝までの店

‥‥いらっしゃい
メニューになくてもできるものならなんでも作るよ

深夜食堂01

新宿花園町、阿佐ヶ谷、中野、荻窪、国分寺
記憶のなかにひとつやふたつこんな店があった
いや‥
この町にも存在しているのだが‥
辿りつく暖簾のなかに
懐かしい顔がうかぶ


安倍夜郎の原作による漫画「深夜食堂」ビッグコミックオリジナル連載
ここ最近のお気に入りのドラマであり TBS版「深夜食堂」全拾話が完結してしまった。なにか残念な気がする。きっと続編が製作されるだろうとひとり期待している。ついでに再放送もお願いしたい。


豚汁定食にビール、酒、焼酎のお品書
深夜食堂02




「深夜食堂」お題メモリー

第1話 赤いウインナーと卵焼き
第2話 猫まんま
第3話 お茶漬け
第4話 ポテトサラダ
第5話 バターライス
第6話 カツ丼
第7話 タマゴサンド
第8話 ソース焼そば
第9話 アジの開き
最終話 ラーメン


この唄が気になる
深夜食堂03
さっそくみつけにに行こう♪


玖絽

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック