九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

『居の花』2010-11-28

『居の花』2010-11-28

やっとパソコン繋がりました
玄関の写真を載せておきます。

他はダンボールの山と化しています
本棚の部分がこれですね

花を有難うございます
感謝!!

玄関の花01-2010-11-28

玄関の花02-2010-11-28

本棚2010-11-28




九六



このページのトップへ

『お引越』

『お引越』
さて五ヶ月がたちまして
北に直線五百mの本拠地へ移動とあいなりました
まだまだ問題はありますが
とにもかくにもお引越
あとは野となれ山となれ
気分だけは もりあげよう
なんて思ってます

直に九六の匣が再開できるか
判らん‥
パソコンも地デジも
風呂もなんでもかんでも判らない
慣れるしかないのだと‥

九六



このページのトップへ

九じら通信『岩手山の秋』

九じら通信『岩手山の秋』


鯨通信‐岩手山03-

鯨通信‐岩手山04

鯨通信‐岩手山10

鯨通信‐岩手山21

鯨通信‐岩手山22+

鯨通信‐岩手山30+

鯨通信‐岩手山31+



くじら


この町は15日に初雪がチラリとありました
山は白くなった

くじらくん有難う



このページのトップへ

本棚2010-11-21

本棚2010-11-21

今回は探してみつかった 有識故実図典と神々との物語が嬉しい

有識故実図典有識故実図典

日本史鑑定日本史鑑定

東北のふしぎ探訪東北のふしぎ探訪

やさしい仏像の見方やさしい仏像の見方

骨董の知識百科骨董の知識百科

神々との物語神々との物語

日本の絶景日本の絶景

JAF MAIT 東北特集JAF MAIT 東北特集


玖絽



このページのトップへ

漫画蟲々匣 2010-11-21

漫画蟲々匣 2010-11-21

ついに完結!お薦めの一冊だが‥
SARU下巻/五十嵐大介 SARU下巻/五十嵐大介
そのうち西遊記の漫画を特集してみたい


もやしもん 09/石川雅之 もやしもん09/石川雅之あそびすぎかなぁ
取材旅行で欧州を廻ったとか、もうひとつの作品も期待している

おいでませり01/大石まさるおいでませり01/大石まさるたしか3巻まででている

鎌倉ものがたり-27巻 西岸良平 鎌倉ものがたり-17西岸良平
昨年,日本漫画家協会大賞受賞
今年の春の褒賞で紫綬褒章を受章


かぶく者08 完結 かぶく者08


孤独のグルメ 孤独のグルメ


少年少女漂流記  少年少女漂流記


九六




このページのトップへ

『FIFTY ONE‘S』2010-11-19

『FIFTY ONE‘S』2010-11-19

FIFTY ONE‘S-☆


九六


このページのトップへ

『魔の系譜』参-咒-

『魔の系譜』参-咒-

魔の系譜 参 咒

玖絽


このページのトップへ

『逢魔ヶ時』

『逢魔ヶ時』

逢魔ヶ時

九六




このページのトップへ

『夜の不來方城』2010-11-19

『夜の不來方城』2010-11-19

誘われし月の雫に妻の影
夜の紅葉03

夜の紅葉02
銀杏の城を埋めるやふたり連れ

夜の紅葉01
秋ふかし夜を彩る足のおと

夜の紅葉04
礎の紅葉そまるかもどり路

夜の紅葉05

ちいさき 
てのひら敷きつめて
めぐりゆく
ほのかにかすむ
不來方の月


九六







このページのトップへ

『魔の系譜』弐☆彡

『魔の系譜』弐☆彡


魔の系譜-弐☆彡


玖絽

ペン+色鉛筆




このページのトップへ

『疾風土蜘蛛党』小山春夫選集第2巻

『疾風土蜘蛛党』小山春夫選集第2巻

アップルBOX版
疾風土蜘蛛党/小山春夫

札幌のじゃんくまうすさんより
小山春夫選集第2巻『疾風土蜘蛛党』が届いた。
ありがとうございます。
表題の「疾風土蜘蛛党」は初出が昭和35年頃の作品
又,同時掲載の「無残血笑鬼」昭和36年作品
ともに一晃社と綴られている。

九六


このページのトップへ

『魔の系譜』壱☆彡

『魔の系譜』壱☆彡

魔の系譜★☆彡


玖絽


ペン+鉛筆


このページのトップへ

『山形の吟遊詩人』

『山形の吟遊詩人』


山形の吟遊詩人☆彡


飄々と歩く 朴訥とした語り
まるで時間が止まったままように微笑む
彼とも四十二年がすぎた
あまり会えないが
たまには連絡をください



九六-  交友録  鉛筆





このページのトップへ

『横浜67號』

『横浜67號』


横浜67號☆彡

彼とのつき合いも四十年を越えた。
仙台にはじまり、現在は横浜
つい何週間前に会ったが 年をとらない奴なのだ
今後ともよろしく

九六-  交友録  鉛筆






このページのトップへ

『いろとり鳥』☆彡

『いろとり鳥』☆彡

いろとり鳥★彡


無性にトリを描きたくなった



2010-11-14 鉛筆

九六



【九六の舎】

舎2010-11-15

舎2010-11-15☆彡

25日の朝から引越をします。
七月から5ヶ月 やっと完成
現在、内装を仕上げております
杢創舎さんありがとう

皆さん
ぜひ遊びにおいでください
九六







このページのトップへ

『秋の庭』2010-11-14

『秋の庭』2010-11-14

01★秋の庭29-02★秋の庭27

03★秋の庭04☆彡
04★秋の庭08☆彡-05★秋の庭09

09★秋の庭10

06★秋の庭07☆彡-22★秋の庭23☆彡

20★秋の庭24-21★秋の庭22

31★秋の庭06-40★秋の庭16

25★秋の庭26

26★秋の庭20☆彡-30★秋の庭12

27★秋の庭21☆彡-32★秋の庭14

41★秋の庭17-秋の庭18☆彡

42★秋の庭05☆彡


九六


このページのトップへ

『夏の扉/NUAGE(ヌアージュ)』全

『夏の扉/NUAGE(ヌアージュ)』全


-NUAGE(ヌアージュ)とは雲のこと-



NUAGE(ヌアージュ)☆彡
あの日‥
夏がくるほんの少し前のこと
風の吹く午後でした
夏の扉-00001
宝物の硝子玉をポケットにとじこめると
村はずれの丘を駆けあがる
そこには‥
異邦人たちがいた。
夏の扉-00002
それは
不思議な空間
奇妙な妖しく、懐かしい調べ
夏の扉-00003
異邦人の娘は野に咲く花の中を
跳びはねるように踊る
ながく美しい髪が雲の隙間を結ぶ糸のようにキラキラと舞った
夏の扉-00004
リズムのテンポが 突然 早くなりかろやかにかわる
硝子球は時のプリズム
夏の扉-05

丘の上は今まで聴いた事のない楽曲が
繰りひろげられこぼれ溢れる
おわりのない踊り
汗の滴が奇声とともに周りを潤す

背に気配がした
若い異邦人が風の中にたたずんでいた
夏の扉-06

ギターを背負っていた男は
胸ポケットから潰れたジターンを取り出す
マッチを擦ると硫黄の香りが周りにたちこめる
風は紫煙をはこび空に吸いこまれる
村はもうすぐ夏色に染まるはずだ
-そうだ、この人だったんだ-
夏の扉-07☆彡

おもむろに座り、ギターを膝にのせると
手を滑らせ弾きはじめた
強く柔かに弦を隙間に指がめぐる
メロデアスな旋律が風をおくる
心のどこかが崩れていく
何故か それは包まれた母の胎
夏の扉-08

彼の曲が踊り子に届いたのだろうか
彼女は声を挙げ両手でスカートの裾をたくし上げると
坂道を駆け登る
コバルトブルーの草がざわめき
男はただ眩しげに笑っていた
そう男の名は‥‥
‥‥
夏の扉-09☆彡

踊り子は男の首に絡むように身をなげた
男は戸惑いながらも微笑んだ
眩しい陽射しの中に溶け込むふたり‥
男が噛みしめていたジターンが
唇からはなたれた
夏の扉-10☆彡+

男の母らしきひとが懐かしげ微笑み
息子に声をかける
彼が突然現れた事について
どんな経緯なのかは当時は理解できなかった
おおきな戦があった
仲間が彼を囲む、暖かな人々
あとで知る事になるのだが
踊り子は彼の妹‥
こころのどこかで安堵し むねをなでおろした事が
いたたまれない気分になった

男は仲間と言葉を交わしたいからと
ギターを私に預けた
初めて触るギターの手ざわり
それは魔法の楽器
これが出会いでした

そう
ここは異邦人たちの宿 異邦人たちの地‥
夏の扉-11☆彡

彼は簡単な弾き方をおしえてくれ
踊り子にはなしかける私がいた
季節が永遠につづく時間がそこにはあった

ヌアージュ
それは はてしない穹に
幾重にもかたちを変える
風にみをまかせ 浮かぶ  雲
夏の扉-12☆彡
何日かがすぎて 事件がおきた
紅蓮の炎、迷走した裸馬が失踪する
彼女は走る ころがるように
野原は黒煙につつまれる
夏の扉-13☆

油に引火したのだろうか
そこは焔に包まれた‥‥
夏の扉-14☆☆彡

草原に声が響く
男たちは水桶をかかえて走る
夏の扉-16☆彡
火事の原因は不明だった
ただ村人が石をなげたとか
立ち退くように詰め寄ったとか
噂は尾ひれをつけた

男は左手を火傷で失い
ギターを私に渡して微笑んだ

異邦人たちは数日のうちに追われるように去っていった
わずかな間の出遭い
私の手許に踊り子の記憶と魔法の楽器が残された‥

それから、かなりの月日が経ち
あの丘に登る‥
夏の扉-16☆彡

久しぶりに故郷にもどる
村の近くの町にある小さな酒場
そこで演奏する事になった
所々欠けてしまった硝子玉は
いまもポケットの中にある

丘の風景は昔とかわらない
吹きつける風を胸にいれる
風が渦を巻き空気がしわの襞ができる
ゆびをそっとさし込む‥
夏の扉-17☆彡
不思議な感覚におそわれた
なんの抵抗もないまま するりと空気の襞に吸いこまれる‥
夏の扉-18☆彡

煌めく幾つもの硝子球が目の前に踊る
‥そこに
夏の扉が‥あった

この草原に彼らと出遭った




九六 2010-11-9 鉛筆画


このページのトップへ

『Hot club of MORIOKA』2010-11-13

『Hot club of MORIOKA』2010-11-13

月に一度、クロスロードに於いてライブをする四人組バンドがある
それがHot club of MORIOKA
ジプシー(マヌーシュ)ジャズ ヨーロッパスタイルのジャズ
いつも愉しみにしている凄く御機嫌な奴ら
13日は今年最後の演奏だったが
事情があり行けなかった。残念----!

また来年にでも‥

hcm-斉藤☆彡

九六






hcm-001-hcm-002-hcm-003-hcm-004





このページのトップへ

『うかれきぶんで‥』☆彡

『うかれきぶんで‥』☆彡


うかれきぶんで‥☆彡



九六

2010-11-11  筆

このページのトップへ

九六綺譚『魚になる』☆彡

九六綺譚『魚になる』☆彡


『魚になる』☆彡

僕は魚になる
水の中に潜むもの
光彩が微かに届く
砂が琥珀のように煌めく
底の岩の奥
ゆるやかに血がめぐる
温もりが
僕の塒

『魚になる』★彡



九六

2010-11-11  ペン画


このページのトップへ

『鉄の地図』

『鉄の地図』

【花輪線】
鉄の道01-鉄の道00

【橋場線】
鉄の道04-鉄の道05
この名前の線は変っている。懐かしい線名、今は新幹線が走っている

【横黒東線】
鉄の道08-鉄の道07
おうこく線、懐かしい

【雄鹿戸隋道】
鉄の道11-鉄の道10
これはどこだ?

【久慈線 八戸種市間】
鉄の道12-鉄の道13
海岸線を歩きましたね。でもこの時期じゃあない‥



とある展示にて
忘れない為に‥


九六




このページのトップへ

【歩句】『あかき果実』1378-1382

【歩句】『あかき果実』



寒なはん田舎なまりの襟がたつ

冠雪のあづかったべと夏噺

外は雨? それとも雪っこ?朝引戸

寒ぐなれ 旨くなれなれ林檎の実

はやぐもげ蜜の溜りやあか果実


九六

このページのトップへ

『かりもの本棚』2010-11月

『かりもの本棚』2010-11月

『ガロを築いた人々』権藤晋ガロを築いた人々-権藤晋

『岩手ふしぎ旅』 岩手ふしぎ旅-

『古代東北統治の拠点-多賀城』 古代東北統治の拠点-多賀城

『週刊朝日臨時増刊 熱河討伐写真書画』 週刊朝日臨時増刊 熱河討伐写真書画

『菅江真澄-みちのく漂流』 菅江真澄-みちのく漂流

『第1次世界大戦-20世紀の記憶』 第1次世界大戦-20世紀の記憶

※借りているのもあるが。資料として読んでいるものなどです


玖絽




このページのトップへ

漫画の蟲 2010-11月

漫画の蟲2010-11月

再読を含めて 秋の頃‥

かぶく者-07--『かぶく者』7巻-たなか亜希夫/デビット・宮原
凄みがましてきた。既刊8巻目も欲しいとおもっています。愉しみはいそがない‥

五十嵐大介-はなしっぱなし01-『はなしっぱなし』1巻目-五十嵐大介
五十嵐大介作品『はなしっぱなし』1巻目-は新刊書は全2冊でているが、以前刊行された全3冊にわけたものです。かなりプレミアがついたということですが 装丁やどこかちがうのか一度みたかった一冊です。

西遊奇伝-01-『西遊奇伝』1巻目
まいったね。同じ本を購入 高いんだけどね

小路啓之作品集02-『小路啓之作品集』2巻目

仁-19-『仁』19巻目
『仁』19巻目は竜馬の死後の仁を描くが、歴史が解説的になってきたのかなぁ。

忍び無残伝-小山春夫-『忍び無残伝』選集3巻目-小山春夫
今回は『忍び無残伝』選集3巻目-小山春夫作品がやっと手に入った。やはりいいなぁ。67號有難う

プーサン-横山泰三-『プーサン』-横山泰三 書庫より-

増刊漫画アクション-45-4-11-『増刊漫画アクション』-45-4-11号
書庫より-増刊ですが そのうち漫画蟲発掘で‥村岡栄一氏が載っている。

赤胴鈴之助-07-『赤胴鈴之助』7巻目--赤胴鈴之助-裏表紙裏表紙
S匣より貰う これも漫画蟲発掘で‥ただ痛みが激しい 残念

ザ・スピリット・オブ・ワンダー/鶴田謙二-『ザ・スピリット・オブ・ワンダー/鶴田謙二』
このあとに一冊ででているなぁ

グランド・ゼロ/木崎ひろすけ-『グランド・ゼロ/木崎ひろすけ』
『アリス』も良かったがこれもいい。だが未完-。彼が亡くなって何年たつだろう。




玖絽




このページのトップへ

『のもるなに記』

『のもるなに記』

のもるなに記☆彡01のもるなに記01

のもるなに記☆彡02
のもるなに記☆彡03
のもるなに記☆彡04
のもるなに記☆彡05のもるなに記05

☆彡のもるなに記☆彡06
☆彡のもるなに記☆彡07
☆彡のもるなに記☆彡08
☆彡のもるなに記☆彡09
☆彡のもるなに記☆彡10のもるなに記10

のもるなに記☆彡11
のもるなに記☆彡12
のもるなに記☆彡13
のもるなに記☆彡14
のもるなに記☆彡15

☆彡のもるなに記☆彡16
☆彡のもるなに記☆彡17
☆彡のもるなに記☆彡18
☆彡のもるなに記☆彡19
☆彡のもるなに記☆彡20


BY96-KURO







※蟹Pができなくなりました/H茶屋さま---九六
このページのトップへ

『江戸時代の瓦版人魚図』九六寫☆彡

『江戸時代の瓦版人魚図』九六寫☆彡

江戸時代の瓦版-人魚図-☆彡

九六


【“『江戸時代の瓦版人魚図』九六寫☆彡”の続きを読む】
このページのトップへ

『人魚』☆彡

『人魚』☆彡

人魚☆彡

九六


2010-11-3 ペン画

【“『人魚』☆彡”の続きを読む】
このページのトップへ

『忍び無残伝』小山春夫選集第3巻

『忍び無残伝』小山春夫選集第3巻


『忍び無残伝』小山春夫選集第3巻



小山春夫氏の本が手に入った。
地方では手にすることはなく友人に依頼して購入
大昔、赤目プロを訪問した記憶が甦る

九六





小山春夫選集 真田十勇士猿飛サスケ
小山春夫選集 疾風土蜘蛛党
小山春夫選集 忍び無残伝
続刊を望む!!


陽気蝮
林崎甚助シリーズ
源とツグミ
名犬なんでも入門
真田忍群
甲賀忍法帖

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック