九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

【颪】 『土偶の謎』

【颪】 『土偶の謎』

土偶の謎02

土偶は女たちが多い
ふくよかな乳房
表情は豊かだ

仮面につけた鼻・耳・口
注口土器の顔


物部黒彦



『颪』
古代東北を題材にしたものを描きたく
資料を集め ゑを描く
『颪』はおろしえとよむ

於呂閉志(オロシエ-オロヘシ)-神社は胆沢にある
奥宮は石淵の猿岩山--延暦二十年 田村麻呂伝説
-安永風土記
平安期の神社胆沢郡七座のひとつ
古代地主神名

やはり少年がメインだろう


『百済王氏』
天平期に百済王敬福の砂金発見
延暦23年 百済王教雲の東征伝説
 









このページのトップへ

【漫画蟲発掘】『たらふくまんまに出遭った』

【漫画蟲発掘】『たらふくまんまに出遭った』

たらふくまんま『二年の学習』★-『二年の学習』++

どうしてもみたかった馬場のぼるの『たらふくまんま』
手にとった昭和34年の「二年の学習」3月号、
学習雑誌(学研)をひらく
あっあったぞ!
連載15回目 つづきまんがだい15かい とある

残念なことにメシはたべていないが 懐かしい
この学習雑誌には もっと驚くベージがあるが
それは後でこの欄にかいておこう。

九六

このページのトップへ

九六返信『タミーさん元気ですか』

九六返信『タミーさん元気ですか』

匣にコメントをありがとうございます
年末あたり またライブでしょうか
待っていますぞ

♪【樂】タミー+


九六



このページのトップへ

クロスロード『ユキ&ファツ』2010-8-28

クロスロード『ユキ&ファツ』2010-8-28

ユキファツ★2010-8-28

彼らはもう完成されたエンターテナーだろう
客をまきこんだ ふたり演奏と呟きはさすがである
愉しんだよ

クロスロードは十五人も入れば満員の世界である
演奏は鼻先でおこなわれるため
ライブが客をまきこみ、言葉がとぶ
このライブを体験してみたら
ハマッテしまうのだ

今後、客が多くなって外に並ぶ事になったら
わたしにとっては行き場所なくなり困るのだが‥

今ここでライブする熱いソウルは
彼らにとって



素晴らしい匣【はこ】になるはずだ

サマータイム モリオカララバイ
そんな素晴らしい夜だった

九六


※ファツさん、匣にコメントをありがとうございます

このページのトップへ

【颪】 『化外の響』

【颪】 『化外の響』

異形の音★

物部黒彦



このページのトップへ

『舎2010-10-31』

『舎2010-10-31』

杢創舎2010-10-30③

緑のどんぐり
もうすぐ黄金のドングリの季節がやってくる
舎001


杢創舎2010-10-30②

2010-7-1 旧き舎2010-7-1
2010-9-4 解体2010-9-4

2010-9-10九六部屋2010-9-10


玖絽

このページのトップへ

呪縛の峪 001【設定】

呪縛の峪【設定】【2010-8-18~】


呪縛の峪-001
呪縛の峪-002
呪縛の峪-003-01
呪縛の峪-004
呪縛の峪-005
呪縛の峪-006+
呪縛の峪007-★

【以下暇があれば続く】

BY九六



呪縛の峪-00設定
この物語はながくなりそうだ。
しっかり腰をすえてかからねばならない




このページのトップへ

『Hot club of MORIOKA』2010-8-22

『Hot club of MORIOKA』2010-8-22
クロスロードライブ通信

『Hot club of MORIOKA』2010-8-22

九六







このページのトップへ

【颪】 『武人』

【颪】 『武人』

【九六ゑ】武人

朝廷軍

物部黒彦


このページのトップへ

【颪】 『荒脛巾・荒覇吐・荒吐』

【颪】 『荒脛巾・荒覇吐・荒吐』

荒脛巾0001
荒脛巾0002
荒脛巾0005


物部黒彦


「えみし風聞」より

【蛇足】丸子(わにこ)一族-嶋足  

【景行天皇】
27年-【武内宿禰】


720年-養老四年-【陸奥安察使 上毛野広人】
724年-神亀元年-【陸奥國大掾 佐伯児屋麻呂】
-【陸奥安察使 大野東人】多賀城を築く

749年-天平感宝元年-小田郡(涌谷) 黄金産出★

【孝謙天皇】
754年-天平勝宝六年-【牡鹿連嶋足】三月上京二十一歳
※【丸子一族】【牡鹿連豊嶋】【牡鹿連嶋足】【上丸子・下丸子】
※【佐伯全成-陸奥守】
※【十郡-黒川・賀美・富田・玉造・志太・長岡・新田・小田・牡鹿】
-【坂上刈田麻呂】
754年-【奈良麻呂の變】--【橘朝臣奈良麻呂】×【藤原朝臣仲麻呂-押勝】
764年-【押勝の乱】--【淳仁帝】×【孝謙帝】
-【藤原朝臣仲麻呂-押勝】【道鏡-弓削連】
-【訓儒麻呂】×【刈田麻呂】【嶋足】
天平宝字→天平神護 【孝謙】→【称徳】
-【藤原永手】
-【牡鹿連嶋足】→【道嶋宿禰】
-神託事件-【和気清麻呂】配流


称徳崩御-白壁王(光仁天皇)
-【藤原永手】【吉備真備】×【道鏡】

-770年-天平神護景雲四年-嶋足の陸奥下向
【宇漢迷公宇屈波宇】★の乱
【道嶋三山】

【藤原永手】と藤原一族
【宿奈麻呂・縄麻呂・蔵下麻呂・良継・百川】
【刈田麻呂】【佐伯美濃】
【陸奥守石川名足】

【道鏡】--下野へ追放
【藤原百川】【藤原緒継】

陸奥の三十八年騒乱
【陸奥安察使 大伴駿河麻呂】


【九六ゑ】異形の戦士00
※描いてて、荒脛巾神だけど、なんかマッドメンみたいだぞ
ハハキ・スネカ・ミアレ


-【砦麻呂の叛乱】
-【大楯-オオダテ】
-【広純-ヒロズミ】
-【坂上田村麻呂】
-【藤原小黒麻呂】



途中‥


遮光器土偶301

このページのトップへ

クロスロードライブ通信『2010BAND』2010-8-21

クロスロードライブ通信『2010BAND』2010-8-21

2010BAND★

九六




このページのトップへ

【颪】 『蝦夷馬と阿弖流為』

【颪】 『蝦夷馬と阿弖流為』

【九六ゑ】阿弓流為と蝦夷馬

東北には『戸』のつく地名がある
それは柵戸(さっこ)とよばれた地名
九戸、八戸、七戸、五戸、三戸、二戸、一戸
馬の産地として京に献上品として運ばれた

以前に四戸を探索
城(柵戸(さっこ))跡といわれるを所をみる
現在は苗字のみに存在する

遠野は十戸ともいわれると聴いた事がある

※閉村から閉伊村となり
閉伊地方の内陸部という--日本後記---
遠閉伊が遠野の語源ともいわれる


北上川は巌鷲山の東方裾野より南に流る
又、宮城県加美郡の北という 北加美川
或は、神社にもある日高見川ともいわれる
平泉では桜川とも謂れ束山の桜を映す川でもある

馬に跨り、蝦夷の男は駆ける
日高見川は血に染まったと謂う‥

馬と兵士

馬の蛇足
531年-継体天皇25年 陸奥の馬について記載あり

又、阿弖流為が田村麻呂に阿久利黒なる馬を献上したと謂う


物部黒彦




冑蛇足
冑は田村麻呂のものと謂われる
兜明神ごときもの





徳丹城-木製冑
古代の兜02-古代の兜01

武人の冑
冑-★00


馬土偶と巫女
颪-0001 


このページのトップへ

【颪】 蕨手刀(舞草刀)と阿弖流為』

【颪】 『蕨手刀(舞草刀)と阿弖流為』

【九六ゑ】蕨手刀-舞草刀-

平泉の東方にある舞草
この蕨手刀を鋳造したとされる地
まるで斬馬刀のように厚い
鞘は蔦などで編みこんだのだろうか
或は板を加工したのだろうか

東北にはこの刀が一番多く発掘される
当然ながら献上品として御所にあがったものもあろう
俘虜の衆として
中国まで奴隷として献上された人々
そして各地に分散された民族
歴史は蕨手刀をのこした
蕨手刀 佩刀(はいとう)08-少

そして略奪者たる中央政権との争い‥

奈良・平安とつづく


物部黒彦







このページのトップへ

【颪】 『鹿の樹』

【颪】 『鹿の樹』

【九六ゑ】鹿の樹03

物部黒彦



鹿の角はどのように分かれているのかと疑問におもう


鹿といえば奈良の春日大社と春日山
ここにでは神鹿(しんろく)よばれ
白い鹿にのっておりたったという伝説がある
常陸(茨城)の鹿島神宮の武甕槌大神【建御雷神-たけみかづち-】を
春日大社にむかえた時に鹿もつれてきたという
「みあれ」とは鹿島だちのことと知る

【春日大社】
茨城県の鹿島神宮より武甕槌命
千葉県の香取神宮より経津主命(フツヌシのミコト)
大阪府枚岡の天児屋根命(アメノコヤネのミコト)と
比売神(ヒメガミ)よりむえて祀る


藤の花、四つ分かれし鹿の槍-歩句

陸登り鹿はなくやら春日山-歩句

枝わかれつのに一夜の月みやる-歩句

【鹿の角/漢方薬】
後日に足しておく

【“【颪】 『鹿の樹』”の続きを読む】
このページのトップへ

『ろんごろんご』20 古代の馬と埴輪

『ろんごろんご』20 古代の馬と埴輪

【九六ゑ】古代の馬と埴輪-01

九六





このページのトップへ

返信-デロさまへ『ケガツの事』

デロさまへ『ケガツの事』

ある本に記載されたものですが
デロさんより、ケガツ-飢饉のことコメントがありました。
確かに私もそう解釈しておりましたが、
本をひらきながら、知らぬ言葉をチェックする楽しみもあるんです
ケガツのことをこう書かれておりましたので載せておきました。
気になる言葉は記載しておく事にしているんです。

本をひらきながら、知らぬ言葉をチェックする楽しみもあるんです


ケガチ  飢渇-凶作-飢饉
ケカヂ キカツ ケガツ
飢渇(きかつ)からなのか

盛岡ではケガズといいやはり飢饉、凶作をいう
ケガズト-飢饉人という

原因は
やませ-山背-東風 北東風によるもの
梅雨後に吹く冷気風で長く吹くと冷害の原因となる
しかし出羽では、東風は宝風


九六

このページのトップへ

『不來方』

『不來方』

【城】不來方城★★

ある蕎麦屋に行ったら飾ってあった‥
城跡は知っているが天守閣のある不來方城はまた雰囲気ちがう。
再建できないものだろうか

九六



このページのトップへ

『大陸風車』

『大陸風車』

大陸風車+

風力灌漑用の動力

九六



このページのトップへ

【戦】『赤紙とよばれるもの』

【戦】『赤紙とよばれるもの』

赤紙とよばれるもの

赤紙とよばれるもの-裏

資料として掲載する
おそらく雑誌の附録だったとおもう

九六
このページのトップへ

『かりもの本棚』2010-8-7

『かりもの本棚』2010-8-7

ガロ編集長-異国人の見たJAPAN-岩手県の不思議辞典-盛岡湖と始め百話-一ノ関藩-古代蝦夷を考える/高橋富雄


『ガロ編集長』長井勝一 1982-4-25
『異国人の見た幕末明治JAPAN』 2003-9-11
『岩手県の不思議辞典』金野靜一他 2003-5-20
『盛岡 事始め百話』吉田義昭 1995-5-10
『一ノ関藩』大島晃 2006-10-15
『古代蝦夷を考える』高橋富雄 1991-12-10


九六



このページのトップへ

とちうさんへ‥『匣の少女』

とちうさんへ‥『匣の少女』

匣の少女


by九六



このページのトップへ

【漫画蟲発掘】『作画グループとその仲間たち』

【漫画蟲発掘】『作画グループとその仲間たち』

ぐるーぷ1 ぐらこん 曙出版-ぐるーぷ2/東考社-作画グループ グループ2

作画グルーブ/スカイホークダンディ/聖悠紀-作画グループ/ダリウスの風/聖悠紀

作画グループ/アキラ・ミオ大漂流 東考社-作画グループ/炎の伝説-少年画報社-ひとりぼっちの天使/まぜき伸吾 東考社-超人ロック/聖悠紀 東考社

作画グループ
ばばよしあきを中心とする大阪生れの漫画同人グループ
1962年に結成、会員にプロの漫画家が多い
不定期刊行誌のオフセット同人誌GROUPなどを刊行
みなもと太郎、聖悠紀、横山えいじ、志水圭、大塚英志 等参加
現在はどうなっているのだろう


九六



このページのトップへ

『クロスロード8月のライブ予定』

『クロスロード8月のライブ予定』

熱い、熱い、燃える
さあ八月だ

♪【樂】クロスロード8月予定

うん、頑張れ!!
九六


このページのトップへ

漫画発掘『附録探偵漫画の四冊』2010-8-6

漫画発掘『附録探偵漫画の四冊』2010-8-6

【河島光広】ビリーパック 34.10
河島光広/ビリーパック
同じ作品の33.10は河島光広/ビリーパック++


【少年探偵】高野よしてる-おもしろブック 少年画報 33.01
少年探偵/高野よしてる-おもしろ33.01

【桑田次郎】巨人16号 冒険王 33.11
桑田次郎/巨人16号
桑田次郎には、あの『少年探偵王』-桑田次郎/少年探偵王
つまり『まぼろし探偵』少年画報32.03 である。
-----少年探偵王-0010-少年探偵王-0011



【武内つなよし】少年ジェット ぼくら 35.3 ふたつの顔
武内つなよし/少年ジェット
裏にテレビ版の名写真集がある。
-----少年ジェット003--少年ジェット001--少年ジェット002-


九六








このページのトップへ

『和賀川をゆく』2010-8-5

『和賀川をゆく』2010-8-5

【沢内/和賀川】
和賀岳・大荒沢岳の水を集めて和賀川は清らかである
和賀川/弁天島/06★
ポットホールがある。
和賀川/弁天島/01-和賀川/弁天島/03-和賀川/弁天島/07-和賀川/弁天島/厳島神社11
沢内猿橋地内、舟形に出来ている岩塊群
花崗岩が浸食されて、川の中州ある岩塊が舟型になった。
厳島神社があり弁天島といわれる。

【※】ストーンサークルがあるらしいが次回にする--東岸内の沢
【※】円空の像もみたかった
【※】沢内はもと一面の湖水であったという
【※】住吉神とマタギ

【和賀川/弁天島/厳島神社】川の真中の神社を訪ねる
和賀川/弁天島/厳島神社03+
和賀川/弁天島/厳島神社01-和賀川/弁天島/厳島神社02--和賀川/弁天島/厳島神社04-和賀川/弁天島/厳島神社05-和賀川/弁天島/厳島神社07-和賀川/弁天島/厳島神社08-和賀川/弁天島/厳島神社09-和賀川/弁天島/厳島神社10-
宮城県多賀城にある沖の石/沖の井/奥ノ石にも似ている



【女神山/白糸の滝/案内板】砂利道を登坂する。
すれ違いは困難である。残念ながら滝にたどりつけず。
ところどころ落石、倒木があり、片側は崖で危険。
車両は底を擦るので注意が必要。
ぬかるので登山用鞜も準備したほうがいい
女神山/白糸の滝/案内板

【※】政岡子規の句碑が三箇所にある
蜩や夕日の里は見えながせ
秋風や人はあらはなる山の宿
山の温泉(ユ)や裸の上の天の河

【※】ほっと湯田の駅前で足湯をいただく

【湯川/土畑鉱山】金鉱山跡
湯川/土畑鉱山01-湯川/土畑鉱山02
斜面に円形の建物が朽ち果ててとてもいい景観

【※】湯川沼の浮島も次回に
【※】湯川温泉は坂に立ち並ぶ

【鷲之巣金山跡/秀衡堀】平安期から金山、狸堀、秀衡道。
鷲之巣金山跡/秀衡堀04★-鷲之巣金山跡/秀衡堀03★
これで何度めだろう。


【横手やきそば】県を越えて横手へ、
ラーメン店「へのかっぱ」のやきそばを妻と食べる。
濃厚、太い。癖になる。
横手やきそば 2010-8-5
【※】やきそばソースはウスターソースとスープ
キャベツと豚肉、半熟目玉焼きをのせ福神漬けを添える
14時から17時は休みだぞ
【※】最初につくった元祖は‥

白木峠を越える予定が時間の都合で国道で行く事になった。残念。



玖絽
2010-8-5


【歩句】『湯の道、金の路』

虻払いさきをいそぐや温泉(ユ)の坂路

岳のあな秀衡の路金の夢

昼飯の名物探りひとに聴く

金山の粒押し流し和賀の河

九六



【知の字】
峠-山伏峠【雫石-沢内】
峠-貝沢峠-トンネル【鶯宿-沢内銀河高原】隠れ道-好きなコース
峠-善知鳥越え--真昼山と女神山の間の鞍部にある真昼峠は、古くは善知鳥越え、松坂道という

安倍館--湯田
鬼柳文書--賀木沢田在家、湯川尻田在家の名前
館---典膳館、毘沙門館、深沢館、三角山館、御所ノ目館、若畑館、右京館
太田一族
ケガツ--飢渇
横黒線--黒沢尻~横手








このページのトップへ

漫画発掘『附録漫画時代劇の三冊』2010-8-5

漫画発掘『附録漫画時代劇の三冊』2010-8-5

まぼろし城/桑田次郎/少ク9月
まぼろし城/桑田次郎/少ク9月

旗本幻四郎/社領系明-おもしろ32.12
旗本幻四郎/社領系明-おもしろ32.12

天馬天平/堀江卓/少画11月
天馬天平/堀江卓/少画11月



九六



このページのトップへ

『蔵の本を移動し、再び収納する そして‥』

『漫画蔵の本を移動し、再び収納する そして‥』

自宅を新しくするためもあり、ある理由で蔵の本を移動しました。
いよいよ11月に再度新居に移動予定‥。

手塚、白土、石森、村野、真崎、宮谷、その他多数の蟲たち
新しき棚に並ぶ事になる。
貸本、附録本、雑誌、
少年倶楽部、漫画読本、平凡パンチ、旧い月刊誌
趣味の銀花、辞書、歴史の本、美術本、小説等
ダンボールで200箱プラス
辛い作業でしたが改めてみる機会ができ愉しい毎日でもある。
今一度移動しなければならない。

01-漫画蔵2010-8-02-漫画蔵2010-8-永島慎二-漫画蔵2010-8-手塚治虫-漫画蔵2010-8-真崎守-漫画蔵2010-8-星野之宣-漫画蔵2010-8

九六









このページのトップへ

【颪】 『惡路王』

【颪】 『惡路王』

何度もかいているが改めて描く
惡路王

【九六ゑ】悪路王005


【資料】
夷大墓公阿弖流為(おおはかのきみあてるい)
磐具公母禮(いわぐのきみもれ)
胆沢公阿奴志己(いさわのきみあぬしこ)
爾散南公阿破蘇(にさなのきみあわそ)
宇漢米公隠賀(うかんめのきみおが)

吉弥侯伊佐西古(きみこのいさしこ)
諸絞(もろしめ)
八十嶋(やそしま)
乙代(おとしろ)

柵戸(さっこ)--戸の由来か
呪符(ねがいぶた)
田夷(でんい)--にぎえびす 塾蝦夷
山夷(さんい)--あらえびす 麁蝦夷
俘囚(ふしゅう)俘(ふ)

弩(ど)・弩師(どし)
輸卒(ゆそつ) 輸送部隊

祖霊(おやみたま)









物部黒彦




このページのトップへ

『かりもの 本の蟲』2010-8-1

『かりもの 本の蟲』2010-8-1

『満州鉄道まぼろし旅行』川村清
満州鉄道まぼろし旅行/川村清01
満州鉄道まぼろし旅行/川村清07-満州鉄道まぼろし旅行/川村清09



『えみし風聞』宮野英夫
えみし風聞/宮野英夫

この二冊は面白い
九六
このページのトップへ

漫画発掘『附録漫画時代劇の三冊』2010-8-1

漫画発掘『附録漫画時代劇の三冊』2010-8-1

今回も蔵出しの3冊を紹介しょう。

【堀江卓】『つばくろ頭巾』痛快ブック 33年9月号
つばくろ頭巾/痛快9月
この附録には作者名が記載されていない。
杉作と愛馬ゴローと共に活躍、ところで平手銃って知ってるぅ
裏表紙に「鉱石ラジヲ」「キク16カメラ」の広告がある
「天馬天平」(少画)は次回に‥


【うしおそうじ】『どんぐり天狗』少年 31年11月号
どんぐり天狗/うしおそうじ/少年11月
弟ギンナンと妹カエデ
裏には手塚治虫の鉄腕アトムの生れた解説漫画がある。


【植木金矢】『三日月天狗/なぞのどくろ島』少年画報 32年1月号
三日月天狗/植木金矢-少年画報32.01
植木金矢といえば前回に紹介した日本画家であり、おりづる剣士の「寺内鉄雄」氏である。
裏表紙もみて頂こう。三日月天狗/植木金矢-少年画報 裏


九六



このページのトップへ

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック