九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

『Eというひと』

『Eというひと』


---【九六ゑ】Eというひと①+--【九六ゑ】Eというひと①+--【九六ゑ】Eというひと①+


【九六ゑ】Eというひと⑤


九六



スポンサーサイト
このページのトップへ

【96博物誌】『ぎんなん』

【96博物誌】『ぎんなん』

【96博物誌】ぎんなん


日本酒のつまみに「銀杏」の実を焙烙ごときフライパンでつくる。
こんがり色づけばもうたべごろ
一粒づつ胡桃割りの窪んだ鉄の置き板にのせ金鎚でヒビをいれ、
ゆるりと酒と共に味わう。
透きとおった翡翠の実がとてもいい
至福のひととき‥。

銀杏や鉄槌くだす酒のツマ 【歩句】『銀杏』1265
銀杏★


九六


このページのトップへ

【視音摩缶】『黄色いライスカレー』

【視音摩缶】『黄色いライスカレー』

遅くなりましたが、この映画の主役さんと言葉を交わす機会があり、了解を得て掲載することにしました。
このままストックで死蔵するのは残念なので、公開。

まず、わが家の襖に貼ったポスター(チラシ)。
【視音摩缶】黄色いカレーライス

あとは小道具の面白グッズ写真を一挙に放出し、
又、監督のライブをしていただくよう誘い水‥。

【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー①-【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー④
【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー②-【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー③-1
【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー③-2-【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー⑤
【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー⑬-【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー⑥-1-【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー⑥-2

【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー⑦-【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー⑧-【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー⑨
【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー⑩-【視音摩缶】小道具黄色いライスカレー⑫-1


たった数秒のための小道具たち、とにかく凄く面白い。
こんなんのが面白い遊びという事なのです‥

九六




※「ほっと茶屋」のY氏のおくち添えに感謝いたします。
※ライブ『高橋政彦 Talk&Live』CR通信 09-10-31をご覧ください。
このページのトップへ

【視音摩缶】『ディープエンド・オブ・オーシャン』『チェンジリング』

【視音摩缶】『ディープエンド・オブ・オーシャン』『チェンジリング』

『ディープエンド・オブ・オーシャン/THE DEEP END OF THE OCEAN』
『チェンジリング/Changeling』

ふたつの映画をみる。最初に『チェンジリング/Changeling』を鑑賞し、前に観たまま棚の奥にあった『ディープエンド・オブ・オーシャン/THE DEEP END OF THE OCEAN』を続けてみた.

どちらも誘拐事件映画で切ないお話ですが、時代背景とアメリカ人の事件に対する心が二作品ともよくでていて素晴らしい作品になっている。

『ディープエンド‥』は1999年製作 
ミシェル・ファイファー主演
図は九年ぶりに訪ねてきた少年を二階の窓からみているシーン‥。

ディープエンド・オブ・オーシャン



『チェンジリング‥』は2008年クリント・イーストウッド監督
アンジェリーナ・ジョリー主演

チェンジリング



九六













このページのトップへ

『ネコ熊手』

『ネコ熊手』

正月に購入した『ネコ熊手』
【96博物誌】猫熊手-03

【96博物誌】猫熊手-01


九六
このページのトップへ

『Bの塔』参

『Bの塔』参


塔の入口②

廃墟の中へ①

塔頂



むーん04

笛のしらべ

しらぺの鳥

あかいはな

Bの塔を訪ねる男

Bの塔を訪ねる男+




九六




このページのトップへ

『Bの塔』壱・弐

『Bの塔』壱


Bの塔

穹へ

【九六ゑ】Bの塔⑪



『Bの塔』弐

『ときのながれ』【九六ゑ】マウスで描いてみる‥

【96ゑ】バベルの闇.-11---Bの塔-崩壊1-1---【96ゑ】闇.-10

【96ゑ】バベルの闇.-11---Bの塔-崩壊1-2---【96ゑ】闇.-10

【96ゑ】バベルの闇.-11---Bの塔-崩壊1-3---【96ゑ】闇.-10

【96ゑ】バベルの闇.-11---Bの塔-崩壊1-4---【96ゑ】闇.-10

【96ゑ】バベルの闇.-11---Bの塔-崩壊1-5---【96ゑ】闇.-10






九六


このページのトップへ

【96博物誌】『山々画』

【96博物誌】『山々画』


『南昌山』
【山描】南昌山-弐

『飯岡山と南昌山』
【山描】南昌山-参

『岩山』
【山描】岩山-壱

『姫神山』
【山描】姫神山-弐

『岩手山』
【山描】巌鷲山-壱



突然、山を描きたくなった。
普通の描き方ではなく筆をつかうことにしました。
鑑真さん 懐かしいのではないですか
たまにはこんな昔の旅ゑのようなものも‥

【山描】巌鷲山-肆


雪山


九六




このページのトップへ

『さて、今夜は‥Hot club of MORIOKA』CR通信

クロスロード ライブ通信
『さて、今夜は‥Hot club of MORIOKA』

Hot club of MORIOKA-

彼らの月に一度のライブは見逃せない。



九六
このページのトップへ

【歩句】『雪の日三句』

【歩句】『雪の日三句』



【歩句】『雪文』1251

こなゆきやビルの谷間に迷い文 



【歩句】『雪螢』1252

きらわれし紫煙ふわりと寒の窓 



【歩句】『胡桃パン』1253

くるみぱんこんがり並びほこらしげ 




このページのトップへ

『96猫/うたかたの鯉』

『96猫/うたかたの鯉』

【九六ゑ】うたかたの鯉①

-----------【九六ゑ】うたかたの鯉②

------【九六ゑ】うたかたの鯉




【96博物誌】鯛
【96博物誌】鯛‐弐--【96博物誌】鯛‐壱




九六




※映画「うたかた戀」はいつか書こう。

このページのトップへ

『96猫/獏々』

『96猫/獏々』




【九六ゑ】獏‐①

-----------------【九六ゑ】獏‐②

----------------【九六ゑ】夢を食べる



---------------------木鼻-獏
めてゆんで拍手ひびく木鼻した【歩句】『めてゆんで』1164

九六


※96猫がでてないって?
あとで追加しておきます   -しました

次回は『うたかたの鯉』です。

このページのトップへ

『泡のごとくに‥‥!』

『泡のごとくに‥‥!』


風ふけど 風にながされ
雨ふれど 泪をかくし
雪つもれば 凍えし掌を息でぬくめ
花咲けば 花吹雪に酔いしれて
酒におぽれし 足元はどぶ板の
わが身を呪い わが身を赦す

あつき陽の夕暮に くちずさみ
寒き日の想い出に ただ溺れる
背負いし咎の おもきに堪え
ひきずる足は 切ってすてよか
あの真黒き 澱んだ 泡や浮世の果てに

玖絽

このページのトップへ

『‥‥‥‥』

『‥‥‥‥』


♪【樂】浅川マキ②



♪【樂】浅川マキ①


彼女の存在を初めて知ったのは、
田舎町SのEチェーンのサテライトスタジオだった。
黒づくめに長い髪‥

今でも刻まれている
どこかのカスバで映画のワンシーンがよぎる
僕の過去のジグゾーパズルの一片が
うまらない
そう 永遠に切符を渡す事はできないまま
ホームに立ち尽す
彼女の乗った列車のテールランプは
いつまでも脳裏にやきついたまま

合掌なんてしないよっ‥

またな
「‥笑っておくれ‥」



夜があけたら


九六

このページのトップへ

『96猫/寅のこ』

『96猫/寅のこ』

寅虎

【九六ゑ】96猫/寅のこ


【96博物誌】虎-②




【96博物誌】寅
【96博物誌】寅-③




九六




このページのトップへ

『96猫(兎)/う★さぎ』

『96猫(兎)/う★さぎ』


鵜鷺

う★さぎ-


九六




このページのトップへ

『九じら』

『九じら』


鯨→鯨字④-1大鯨字③-1大

九じら-②-1


九六









九じら-①-2

※くじら君! これはどうかなぁ?↓
くじら-Tシャツ①






【96博物誌】【九六ゑ】

【96博物誌】くじら①---【96博物誌】くじら②
【96博物誌】くじら⑤---【96博物誌】くじら④
【96博物誌】くじら③-【96博物誌】くじら⑥-【96博物誌】くじら⑦

【資料缶】
石ゑ
【96博物誌】くじら 石ゑ
看板
【96博物誌】くじら-看板-
酒ラベル
【96博物誌】くじら-酒




【96博物誌】鯨
【96博物誌】鯨-弐--【96博物誌】鯨-壱











このページのトップへ

『96猫/うぞ』

『96猫/うぞ』

『象-ぞう-』-→『-うぞ-』

『96猫/うぞ』


九六



このページのトップへ

『96猫/閑話休題』

『96猫/閑話休題』

96猫-閑話休題


九六



96猫-あらたまり
 96猫-あらたまり+
96猫-茶噺
96猫-茶噺
96猫-ごろねこ
96猫-ごろねこ


このページのトップへ

【歩句集-轍】1200-1250

【歩句集-轍】1200-1250


【歩句】『こよみ』1250
初春の暦改めしじま雪

【歩句】『ぬりゑ』1249
色えらび炬燵寄り添うぬりゑかな

【歩句】『城址三句』1246-1248

【歩句】『堀』1248
寒荒ぶ白きを増して城の堀
【歩句】『雪柳』1247
擦れあいて暖をとるのか雪柳
【歩句】『雪化粧』1246
石垣や木々のあいだに白衣

【歩句】『隙間風』1245
誰がための風は隙間を埋めるやら
春や訪ねて
君も来たらん

【歩句】『月燈り』1244
仄かなる月の雫や雪の庭  

【歩句】『八畳間』1243
八畳や香の漂う寒の日々 

【歩句】『暫し‥』1242
夢ひとつ夢ふたつなど雪の庭 

【歩句】『雪参り/松尾乃社』1241
ゆき社石段一歩てをあわす

【歩句】『雪羅漢』1240
雪綿や首をただす羅漢さま

【歩句】『磊-いし-』1239
呟きも囁きさえも磊の庭 

【歩句】『角巻』1238
小雪なか角巻被いて売る笑顔 

【歩句】『木守り』1237
やま坂の木守りひとつ社まえ
『木守り』
やまみちをさすらいて、林檎畑に至る。
次の歳もよく実れと、ひとつだけ遺した熟林檎が垂下がる、木守りとしてわが身を晒す古木の果実。初冬の風が今日はやさしい。
 
【歩句】『風ポスト』1236
木枯らしや宛名さがして葉の便り

木枯らしや宛名さがして風ポスト


【※】『庭さがし』

【歩句】『小菊』1235
岩肌に寄添い語る風小菊 

【※】木春菊(マーガレット)
先日まで黄色い花を誇らしげに咲き乱れていた。
老いてなを立ちて吾をたのしませんと凛として背筋をのばす
【歩句】『マーガレット』1234
うつろいて名残佇む木春花 

【※】揺らぎゆらぎて人知れず傍らの花々咲きし庭あり
この萪みたいな花の名前はしらない‥。でも可憐です。
【歩句】『可憐』1232
晒されてわが身を委ね花うねる 

【歩句】『曼珠沙華』1231
葉をさらし遇えぬかたわれ曼珠沙華 

【※】『蝮草』
【歩句】『朱の蝮』1230
ひそみたる藪にかまだす蝮草 

【※】『はぼたん』
【歩句】『木枯らし』1229
木枯らしや襟を幾重に牡丹みち 

【歩句】『葉牡丹』1228
もどきなる淡しいろづく葉の牡丹 

【歩句】『寒櫻』1227
引戸あけ誰れをむかえし寒櫻 
今年も玄関の前に可愛らしい花を咲かせてくれました.

【歩句】『寒櫻』1226
日溜りの白きを集め寒櫻 

【歩句】『寒櫻』1225
ちらちらと雪に惑うか寒櫻 
季語がふたつかさなりますが
なにせ俳句風でございます、何でもありの歩句です。

【※】-道東と津軽の想い出に-

【歩句】『かっちょ-防雪柵-』1224
鼻あかくカッチョざわめく寒の宿 

【歩句】『虎狩笛』1223
かたらんと雪野の奥の虎狩笛 

【歩句】『寒景色』1222
かたりだす調べの奥の冬音色 

【歩句】『鞜木型』1221
磨り減りてシワにのこりしくつ木型

磨り減りてシワに刻みしくつ木型


【歩句】『溜息』1220
湯気のなか何かを落とす音ありて
独り屈みて黙々と
掃き清めたる
妻の溜息   

【歩句】『卆のゆき』1219
歳かぞえいくつ越したや雪の影
↓ 
歳かぞえいくつのこせし雪や影

父が生きていれば卆寿だね

【歩句】『遙なる血脈』1218
夢はせしいにしえ人の足跡や
歩みとめし
蒼穹に放つ

【歩句】『甲子川』1217
凹道なる瀬を辿りて岳の壁
甲子の郷や
笑いてやまず  

【歩句】『相思華』1216
日溜りに未練のこしてマンジュシ'ャカ  

【歩句】『犇めき』1215
石垣のつめし想いや偲びたる
犇めきよせて
秋やうつろう      

【歩句】『蕎麦はっと』1214
木枯らしの啼く夜はハット傘灯り  

【歩句】『社の格子 素見-ひやかす-』1213
格子闇覗きて凝らす木枯らしの
錦ゆらめき
ヌシはおらぬか
  
【歩句】『陸奥-みちのく-』1212
傳えたる石の童や陸奥の
かててかててと
踊る枯葉や   

【歩句】『もどりくる』1211
骸なる鮭の泪は川となる 

【歩句】『やましぐれ』1210
野に放つ山はかたるか秋しぐれ

【歩句】『石塔』1209
講なして念仏やまず石の塔  

【歩句】『藁焼き』1208
馳掛や畦によこたう藁けむり 

【歩句】『もどりくる』1207
寄添いし石床はねて鮭の疵  

【歩句】『秋惜』1206
山の背や名残り惜しむか秋暮れる 

【歩句】『落日』1205
秋の際燃えつくさんか陸奥の山
 
【歩句】『沢風』1204
落日の沢越す風の肌過ぎる 

【歩句】『生醤油団子』1203
ほおばりて戻ってきたよと串みやげ 
 
【歩句】『枯れ鳥居』1202
社まで枯れ蕗鳥居通せんぼ

【歩句】『日溜り』1201
背にあたる秋の陽射しや猫まるく

【歩句】『渓流の木々』1200
木々いりて彩を遺さんと暮れなずむ

このページのトップへ

『月の精』

『月の精』


【九六ゑ】月の精


【96博物誌】原本-百-05蜥蜴



九六




このページのトップへ

『96猫/酔猫またたび酒』

『96猫/酔猫またたび酒』


『96猫/酔猫またたび酒』




九六


このページのトップへ

『祝福の日』

『祝福の日』


【九六ゑ】祝福の日②

【九六ゑ】三人の預言者


九六



このページのトップへ

『96猫の樹』【ぬりゑ】

『96猫の樹』【ぬりゑ】


【九六ゑ】96猫の樹①【ぬりゑ】

----------【九六ゑ】96猫⑩

さて何匹?

【九六ゑ】96猫の樹③【ぬりゑ】


はい、十匹ですね‥
下図をクイック!してアップ。


九六






色えらび炬燵寄り添うぬりゑかな 【歩句】『ぬりゑ』1249









続けて「96猫」をみる場合は
下の【96猫】を押しますと連続になります。↓
このページのトップへ

『96猫じゃらし』

『96猫じゃらし』

----------------【九六ゑ】96猫⑩


【九六ゑ】96猫-焦らすもの①
96猫じゃらし③-1【九六ゑ】

----------------96猫じゃらし①-1



【つづく】


九六


このページのトップへ

【歩句】『城址三句』1246-1248

【歩句】『城址三句』1246-1248


【歩句】『堀』1248
寒荒ぶ白粉のせて城の堀
氷結1248

【歩句】『雪柳』1247
擦れあいて暖をとるのか雪柳
寒柳1247

【歩句】『雪化粧』1246
石垣や木々のあいだに白衣
雪の中1246


九六




このページのトップへ

『月と蝙蝠』

『月と蝙蝠』


【九六ゑ】月の蝙蝠.02


九六



このページのトップへ

『空をとぶ』

『空をとぶ』

空を飛ぶ①巌鷲山
-空を飛ぶ①騎馬連隊跡--空を飛ぶ③方八丁
空を飛ぶ②厨川の柵

子供の頃、體躯が軽くなり浮遊する夢をよくみた。
空から見るとここは僕の庭‥

九六

このページのトップへ

『独酔舎+ひなげしライブ』CR通信2010-01-10

クロスロード ライブ通信
『独酔舎+ひなげしライブ』CR通信2010-01-10

ライブ2010-01-10③



今夜もあの階段の上に‥

『独酔舎ライブ』

--------独酔舎⑬
-----独酔舎⑫
独酔舎⑩-独酔舎⑪
独酔舎①---独酔舎②

ハリのある声量、ウクレレもいいなぁ。


『ひなげしライブ』

ひな★げし⑫
ひな★げし⑩-ひな★げし⑪
ひな★げし②---ひな★げし③


今夜も素晴らしい夜を貰った。

九六






【附録-九六ゑ】

「ツー・ザザー‥」
「こちら地球・ちきゅうのY‥火星特派員のTさん実況をお願いしま‥ザー」
「ツー・ツー・ザザザー‥」

「♪‥♪‥ツー・ツー・ザー‥」

「ありがとうござ‥ツー・ツー・ザー‥」

火星特派員-T
火星特派員のT





このページのトップへ

【歩句】『こよみ』

【歩句】『こよみ』1250

初春の暦改めしじま雪

暦


九六


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。