九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

【漫画の蟲】2008/3/30版

【漫画の蟲】高室弓生2008/3/30版

高室弓生の2冊

『ニタイとキナナ』2006/11/25 青林工藝舎
『縄文物語 わのきなとあぐね』2007/3/25 青林工藝舎

ニタイとキナナ

縄文物語

愉しい本であります。



慧氏 発見
スポンサーサイト
このページのトップへ

『街角の‥河童』

『街角の‥河童』


河童と珈琲①


河童と珈琲②


河童が運ぶ珈琲‥

子河童

石河童②
このページのトップへ

【歩句】877『彼岸華』

【歩句】877『彼岸華』

香あわく 歩みとどまる 削り華

彼岸②


水桶、線香、彼岸華、皿にもりたるぼたもちを 
ひとつ頬張れば 今年もきたよと
声かけて 
空は淡く霞みたる

[謎かけ]
頬張る(春)れば牡丹の花ごとく、懐(夏)かしく夜舟に揺られし月もなく、
明き(秋)たる萩は戦ぎたる、北窓の戸(冬)など半練り餅ひとつ‥

彼岸①


このページのトップへ

『蟲飼い』20080322

『蟲飼い』 20080322

「チナミの風景」野木明照 小学館 IKKI COMIX 
チナミの風景

「鵺の砦」福島聡 (森薫) エンターブレイン BEAM COMIX
鵺の砦

「アウトサイダー」田邊剛 エンターブレイン BEAM COMIX
アウトサイダー

「侍やめます」笠太郎 小池書院
侍やめます

「宗像教授異考録 第七集」星野之宣 小学館
宗像教授異考録⑦
このページのトップへ

『素晴らしき日』

『素晴らしき日』
ライト


鮪のタルタル仕立てキャビア添え
帆立貝の燻製トマトと共に

フォアグラ、トリュフ風味のクロケット仕立て
クロケット


コンソメスープ 季節の野菜入り

オマール海老とシャンピニオンのフリカッセ

メロンのスープ仕立て

和牛のローストビーフ カッティングサービス
季節の野菜添え
ロストビーフ


自家製ケーキ  と紅ほっぺ

コーヒー

ありがとう‥堪能いたしました。
ライト②

このページのトップへ

くらん‥の珈琲

くらん‥の珈琲

ハンドピッキングの音がカウンターの蔭からきこえる。
一粒の豆を確認しながら 蟲欠け豆などを指先で弾きとばす。

選別された豆は焙煎の工程を経て わたしのもとにはこばれるのだ。
くらんーー


暫し 香りを愉しむ
至福のひととき
このページのトップへ

『東の國 トキの街』

『東の國 トキの街』

そこには誰もいない。
そう、そこは見えない人々がすり抜ける街 
トキの街 時が充たされた國
訪れた者は 時に捨てられ 見放されてしまう

不思議な麒麟が護る橋。黒い制服の人形たちが集うドーム。
赫き目印に誘われて その下を覗くと龍が潜む。
永遠の塔が 言葉をまどわせる。
黒き碧に映し出された光の渦。 トキの街‥
東の國の謎は解き明かされないまま 永遠の時を彷徨う‥


トキの街①

トキの街②

トキの街③

トキの街④

トキの街⑤

トキの街⑥


このページのトップへ

『東の國へ‥』

来週、土曜日に私事のため東の國にまいります。
梟街にある高い塔の傍に宿をとる事にしました。
この街は懐かしい、仕事柄
何度もドール町から梟街に通いました。

翌日の 日曜は水族館に行ってみようとおもいます。

この六十段の建造物はわたしも係っていましたね
このページのトップへ

『懐かしき漫画』

『懐かしき漫画』

「杉浦茂マンガ館」全五巻
四六版 筑摩書房  
①1993.8/25 初版
②1993.10/1
③1994.2/1
④1994.6/10
⑤1996.4/1
PA0_0018.jpg


先日、開運!なんでも鑑定団 にて杉浦茂の単行本が紹介された。鑑定金額はさることながら戦前や戦後20冊はすごい。
何度も復刻されているが 実際に手にとってみたいなぁ。

そんに訳で、今回はデビュー作も載った全集五巻を紹介する。
2300円から2800円と定価は高いが 玖絽書庫の奥に眠っているぞ。
※B5版「杉浦茂のちょっとタリない名作劇場」全1巻のオールカラー版 定価1980円は 買ってないがそのうちになんとか‥。
このページのトップへ

『霊銃 迦具土』

『霊銃 迦具土』

この銃は霊体にたいして発射される弾丸をこめる銃である。
銃の刻印  迦具土 0002  昭14。9
モーゼルとニュー南部をあわせたようなものである

この漫画は山崎峰水作品 『MAIL-メイル-』なのである。
恐怖漫画にはいろいろあるが ドラキュラの新蔵に刺す杭ののごとく
弾丸は霊を成仏させるための小道具なのだ。

手元に『MAIL-メイル-』①-③の三冊を所持。
まぁ、たまにはこんな作品もいいぞ。

「黄泉に送ります」が決め台詞 

魂みつる球、魂いずる球‥ 球は魂、魂は弾、弾は霊、霊のゆくえ‥




【“『霊銃 迦具土』”の続きを読む】
このページのトップへ

『虎落笛』

「いろいろと‥あるんだよね
ながぁく生きているとぉ」っと風が南訛りで ポツリと言った。

「でもさぁ‥あのう‥‥‥」
 いつまでも鳴りやまぬ風音(かざね)は 言葉をちぎれるように隠してしまう

それは 時の風という旋風をまいた不思議なもの‥

答えは自分が一番 よく知ってるって 捨て台詞
立去る前に微笑んだ

泣かないで 悩まないで 元気でいれば いつかはわかりあえるんだ‥
‥‥
ひゅうーーっ


【歩句】876『虎落笛』

たえまなく 風が織りなす 虎落笛

このページのトップへ

『賢治の世界』3

『賢治の世界』3

『やま猫の手紙』
やま猫


『剛志』
剛志


『又壱』
又壱


物語は後で考えようか‥

玖絽



大昔に描いたラフをのせる

『』
グ①グ②
グ③グ④
火山


『』
電信柱①電信柱②
電信柱③電信柱④

『』
氷河鼠の毛皮①氷河鼠の毛皮②







このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。