九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

『玖絽式玉手匣』原画パネル 

『玖絽式玉手匣』原画パネル 複製

いつ貰ったか 忘れちゃったよ。
そんなモノが出てきた。


☆彡
【“『玖絽式玉手匣』原画パネル ”の続きを読む】
このページのトップへ

『神々の坐』

『神々の坐』

宮の杉


要石


宮k鳥居①


宮k鳥居②


神々しい宮


五十鈴川①

【歩句】856『もみじ』 朱のいろや稚児の手ひら五十鈴川

水の彩



☆彡


【“『神々の坐』”の続きを読む】
このページのトップへ

【玖絽式蔵書匣】ぱふ 

【玖絽式蔵書匣】ぱふ
ぱふ①

ぱふ②

一冊だけ「だっくす」がある。
ぱふ③

☆彡
裏画面は「FP」を そのうちに載せておこう
このページのトップへ

『玖絽式蔵書匣』ガロの時代

『玖絽式蔵書匣』ガロの時代 
6冊のガロ
素晴らしき作品の数々‥

辰巳ヨシヒロ特集  №89  3月 増刊号
永島慎二特集  №63 7月 増刊号
楠勝平追悼号  №130 6月
楠勝平特集  №80 8月増刊号
1970 №70  1月号 楠勝平「盗っ人」
勝又進特集  №67 10月 増刊号
☆彡 【“『玖絽式蔵書匣』ガロの時代”の続きを読む】
このページのトップへ

『山奥に‥』

このページのトップへ

『さかなじゃ♪猫じや♪』

『さかなじや♪猫じや♪』遊び旅

『干物じゃ』
干物?

干物+

干物①+




『猫じゃ』
猫①++

猫②++

猫③++

猫④++

猫⑤++

猫⑥++




【歩句】852『軒並』

「売らんかな飛騨の軒したむかしまち」

【歩句】851『箸』

「名物やならべて哀し迷い箸」
旅の宿 これもあれもとみくらべて
ただそれだけで腹もふくれる。
「腹ひとつ酒はまわりて口かるし」








☆彡
このページのトップへ

『お城へ‥』

『お城へ‥』
いい天気だね
城①

城②

城③

城④

城の門

しゃちほこ

このページのトップへ

【漫画の蟲】2007/11/19

【漫画の蟲】小池桂一『ウルトラヘヴン』 2007/11/19

「ウルトラヘヴン」①2002/3/8発行
「ウルトラヘヴン」②2005/4/6発行
おいおい冗談やないか、①から②まで 3年経ってるぞ 
とにかく インナースペースの描きこみが凄い。

小池桂一作品といえば
『G』1988/12/16発行  スコラ
『黒船一八五三 かたじけない』1988/5/3発行  白泉社
『ヘヴンズドア HEAVEN’S DOOR』2003/4/11発行 エンターブレイン
だよね。
とにかく一度みて欲しい。

☆彡
【“【漫画の蟲】2007/11/19”の続きを読む】
このページのトップへ

『玖絽式玉手箱』

『玖絽式玉手箱』
持っている付録漫画のなかでも 桑田次郎『少年探偵王』がいいのだ。
少年画報社昭和33年3月号 3/1発行 第一話四・六の秘密
次号予告には 第二話二つの顔 
「まぼろし探偵」の表記は人物紹介の欄に記載されており、表紙にはない。
☆彡
少年画報少年探偵王 ①四・六の秘密


赤い帽子 黒マスク 黄色いマフラー オートバイ ♪


でも少年探偵は まぼろし探偵だけじゃあない
☆彡
【“『玖絽式玉手箱』”の続きを読む】
このページのトップへ

【歩句】849『擬宝珠』

【歩句】849『擬宝珠』
前回は「下の橋」の擬宝珠を紹介しましたが、今回は「上の橋」の画像を掲載しましょう。
「秋ふかく  宝珠を撫でし 雨の路」
☆彡
擬宝珠①

擬宝珠②

擬宝珠③

☆彡
「秋雨や 追われてながる 紅葉みち」
上の橋

雨銀杏

【“【歩句】849『擬宝珠』”の続きを読む】
このページのトップへ

【歩句】846-848

【歩句】848『赫衣』

閼伽坏や 闇にしのばせ 手をあわす


【歩句】847『染し秋』

もみじ葉の いろを戸惑う 音はやむ


【歩句】846『ふゆそうび』

影ながく 川辺をうめし 冬薔薇
このページのトップへ

『奇妙なモノ』

『謎の像』
いつのまにかカザッテる不思議な像のペンダントは?
南洋の土産だったと思うが、名前もわからないまま部屋にある。
おそらくハワイの海・水の神?だと検索を開始する。
なかなかヒットしないぞ。

戦いの神 クー 農業の神 ロノ  生命の神 カーネ  海・水の神 カナロア
ハワイの四神うちカナロアとおもうけど いかがかな。
タンガロア


タンガロアともいうのかなぁ。 

『石の銀河』
瑪瑙の銀河

瑪瑙だよ。でもアップはとても綺麗ですばらしい。

『棗』
棗

とある喫茶店で出されたモノ。

『異国の音』
南米の土産でしょうね。
異国の音

神に捧げる調。


九六
このページのトップへ

【玖絽式蔵書匣】『さよなら三角、またきて四角‥』

【玖絽式蔵書匣】月刊誌少年の付録

「さよなら三角、またきて四角、四角は豆腐、豆腐は白い、白いは雪‥」
つかの間の別れに 明日の契りを唄に託した時代がありました。

その頃はラジヲがながれ、観もしない相撲の実況放送に思いをめぐらせたものでございますね。鼻たらしの泣虫坊主、袖をテカテカさせながら駈けずりまわる。

まるで 村野守美・西岸良平の世界みたい。

最初は少年少女漫画であったがいつのまにか 少年専門誌へ
「痛快ブック」「おもしろブック」「少年ブック」「少年」「ぼくら」「少年画報」
「冒険王」「日の丸」「少年クラブ」「まんが王」
そして 少女マンガは 花盛り
「なかよし」「少女」「少女ブック」「りぼん」「少女クラブ」「ひとみ」

鑑真さんの『少年』は
「鉄人28号」「サスケ」「サスケ」「鉄腕アトム」「シルバークロス」など連載。漫画月刊誌の王道をはしりつづけた。
※「少年」の付録マンガを裏画面に載せておきます。

昨今、少年 完全復刻BOX なるものが出ているぞ。

因みに、
さよなら三角、またきて四角、四角は豆腐、豆腐は白い、白いは兎、
兎は跳ねる、跳ねるは蚤、蚤は赤い、赤いは鬼灯、鬼灯は鳴る、
鳴るは屁、屁は臭い、臭いは便所、便所は深い、深いは海、
海は蒼い、蒼いは空、空は高い、高いは富士山、富士山は雪、
雪は滑る、滑るは親父の禿頭 だったかなぁ

☆彡 【“【玖絽式蔵書匣】『さよなら三角、またきて四角‥』”の続きを読む】
このページのトップへ

『秋の酒』

『秋の酒』

あきふかまり もみじ踏みしめ 朱に染まる
酒の旨き季節になりましたなぁ
つい度がすぎ 左手が何度も上げ下げ
酔うほどに ふるきことなど思い出し
くちびる延びし 杯のゆくえ

旧き友より 酒がとどく 陸羽132と銘 

『鷲の尾』東北は岩手 大更の南部杜氏のものですな。
人参を紫蘇で巻いた ミノボシナンバンを ツマミにと もとめ肴とす。
塩漬けのミズの瘤を水でさらして小皿にのせる
みのぼしなんばん(紫蘇巻・人参)


わしの尾
鷲の尾 陸羽132  すでにラベルのみ。
日本酒度 +2 原料米 西根町産陸羽132
精米歩合 60% アルコール度数 15.5度 酸度 1.4
ラベル

陸羽132號とはなにものと調べる。【☆彡①】【☆彡②】【☆彡③】

もうひとつは
鷲の尾吟醸酒「北山酒経」 新酒です。まだ飲まずに隠してあります。
精米歩合 50% 日本酒度 +0.5 酸度 1.2

☆彡 【“『秋の酒』”の続きを読む】
このページのトップへ

『闇のなかに‥』

『闇のなかに‥』

地蔵①

地蔵②

地蔵③


『闇のなかに‥』

小路いりて 裸電球のもと
現れし赫衣
さそわれしまま
まなこをふせし闇のなか

閼伽坏や 闇にしのばせ 手をあわす



‥‥すがれというのか赫衣。
このページのトップへ

『ひるさがり‥秋を逸れる。』

『ひるさがり‥秋を逸れる。』

秋巡る①

秋巡る②

秋巡る③

秋巡る④

秋巡る⑤

もみじ葉の いろを戸惑う 街はやむ
秋巡る⑥

秋巡る⑦

秋巡る⑧

秋巡る⑨


☆彡 【“『ひるさがり‥秋を逸れる。』”の続きを読む】
このページのトップへ

『漫画発掘』月刊誌

【少年ブック 昭和38年9月号】

少年ブック九月


【特集】
表紙/高荷義之 「潜水艦攻撃塔」
『特ダネ図解/海の新兵器』監修/堀元美   構成・文/藤井冬木
「戦艦伊勢のロケット砲(墳進砲)」小松崎茂
特集の絵 小松崎茂 伊藤展安 中西立太 平野光一
「海底の王者 潜水戦艦」
「これが海の未来戦だ!」
「上陸につかう 海の機甲部隊」
「氷でつくる!200万トン空母」 
「原子力艦隊」

特集『世界の秘宝をさぐる』
「海底王国 のろいの秘宝」
「世界の秘宝」「世界の秘宝はこんなにある!?」
「日本の秘宝」「天使の目・赤い宝石」「多田銀山に八兆円」

【絵物語 他】
『日本G7号』スタルッシュ(S国暗殺機関)編 連載探偵小説 真樹日佐夫・作 吉田郁也・え

『絵物語/ゼロ戦対スピットフアイアー』新連載 藤井冬木・文 小松崎茂・え
『戦争画展らん会』選・指導 小松崎先生
『兵器の絵募集』 特賞 小松崎先生の原画と賞金二千円
『テープさんの ちょつと失礼 小松崎茂先生を訪ねる』(※)
『がんばれサンボン!にくまれっ子物語』作・山本太郎 え・石森章太郎(※)
『少年ブック デパート開店』 プラスチックモデル 野球選手パネル バッジ
「プラモデル教室」
「日本のほこり 名刀を知ろう!」
「巨人をささえる 四人の強打者」

【漫画】
『ゼロゼロ指令』新連載 スパイ・スリラー 石森章太郎
  THE UNDER COVER AGENT ●第一話世界をポケットに‥
『サンダーボーイ』 冒険科学漫画 連載第18回 横山光輝
『大平原児』大西部活劇マンガ ★まぼろし谷の人びと① 川崎のぼる 
『新選組』壬生の巻8 手塚治虫
『火星ちゃん』☆ぼくらの親友☆  れんさいされて第40回めだよ~ わち・さんぺい
『マレー白虎隊』われらの鉄血戦車         九里一平・え
   -イギリスのサーベル剣法かつか、白虎隊の大東流飛竜がえしかつか!?-
『痛快忍者まんが 忍び野郎』第四話 追手   川崎のぼる
『熱血活劇マンガ 日本少年』大陸の飛竜編   益子かつみ
『アッタマ社長』 新連載コレガ第1回        By藤木輝美  
『日の丸くん』 珍式かんづめピストル       大友朗
戦場爆笑マンガ『けいれい!しんぺいくん』    山根赤鬼青鬼合作
『タッちんくん/さらばさらばの巻』          くぼたまさみ
『無名』 長編読切                   白土三平(※)
『やじうま小僧』№13                  前川かずお

【懸賞】
[ガンスピード大懸賞]特賞 コルト
[サンダーボーイ大懸賞]特賞 ロボットサンダーボーイ リモートコントロールモーターつき
[マレー白虎隊大懸賞]金賞 タイガー戦車 パンサー戦車 M4戦車

☆彡 【“『漫画発掘』月刊誌”の続きを読む】
このページのトップへ

『猫じゃ♪猫じゃ♪猫々じゃ♪』

『猫じゃ♪猫じゃ♪猫々じゃ♪』①

123猫


猫じゃ♪猫じゃ♪猫々じゃ♪それぇ♪

「おや この音は三味ですな‥」
なんかこの小路は懐かしい。
横丁の角隅に猫がいる。
歩みを停めて、こちらをじっとみつめている。
とたん眼をそらしススッとばかり駆けはじめる。
なんかおなごに振られた気分やなとぽつりと愚痴る。

そういえば、このちいさな通りの名前は「猫小路」と申しますなぁ
芸者の置屋がならび 三味線の稽古なのか
とてしゃん♪

三味線のタイコは雌猫の腹の皮なそうで 猫からしてみれば迷惑な事。
ものの本によれば オボコの雌じゃあないといけませんようで
雄に傷つけられた皮の傷痕は三味線には使えませんそうですな

煩いだけの口三味はべつとして、昼の三味の音はなかなか風情のあるものです。まあその時代の粋な旦那衆が猫町とか猫小路と言ったとか‥。

猫なで声で 贔屓の客に声かけてぇ とてしゃん♪

猫は縁起物の「招き猫」がございますなぁ。
右手を挙げて お金を呼び込み
左手を挙げて ひとを招く つまり良縁きたりですなぁ
それじゃ両手(もろて)を挙げた招き猫もあるとか
万歳ならぬ 人もお金も全てこいって欲張りなことです
しかし なかなかそうもいかないようで 「お手上げ」てなことになるやもしれず。
格子に肩よせて 鳴かず飛ばずの三味の音も わたしゃ独りで とてしゃん♪ 撥たたく


塗り白粉の「猫騙し」なんざいいねぇ  とてしゃん♪

猫騙し


猫じゃ♪猫じゃ♪猫々じゃ♪それぇ♪



[※いろいろな本などを参考にさせてもらってますなぁ とてしゃん♪]





『猫じゃ♪猫じゃ♪猫々じゃ♪』②


猫じゃ


猫じゃ2


「ひろしくんと不‥」から再掲載


九六

このページのトップへ

「秋の雨に立ち止まる」

「秋の雨に立ち止まる」

小さな町の風景は静かに時を刻む

セロの調

セロの調

異国の足音

異国の足音

壁の文字

壁文字Ⅰ

羊の森

羊の森

はせでげば

壁文字Ⅱ はせでげば

玄関の灯り

玄関の灯り窓

対岸の樹

対岸の樹

帽子の飾り

帽子の飾りは銀河列車

河の花石段

河の花石段
このページのトップへ

『26、27、28號 だけど ブラックOXが好き』

15、16、17っと 私のジンセイ‥という訳じゃあないけれど
てつじん にじゅうはち號は、当然、壱號から始まって やっと28台目で出来上がった兵器だったし、26号までは同型だったよね。艱難辛苦・石の上にも3年・七転八起・一意攻苦。
戦争は終って日本軍秘密ロボットは復活した。そうだったかなぁと記憶では‥。顔が現在と同じだったかなぁ。なんてね

金田博士、敷島博士 大塚署長 そして 正太郎!操縦桿を握れ!!!

本屋に行ったら面白い小雑誌が置いてあった。
なんとそれは『必携!鉄人28号ナビ手帳』
これは面白い、それに無料(ただ)なのだ。

中身は、
①鉄人28号 トレビアクイズ  part1
②鉄人28号は、なぜ子どもたちほ魅了したのか?
③原作完全版が完全と銘打たれた理由
④原画蘇生の舞台裏
⑤金田正太郎少年が乗っているのは、名車ディスコ・ボランテ!?
⑥ものを考えるロボット ロビーが広げた鉄人ワールド
⑦鉄人28号の中に手塚治虫先生を発見!
※図参照
⑧ネーミングで楽しむ鉄人28号の世界
⑨最強の敵キャラブラックオックスの魅力
⑩不乱拳酒多飮博士 魅力あるマッド・サイエンテェストの肖像
⑪2030年、鉄人が現実になる?
⑫鉄人28号 トレビアクイズ  part2
※鋼鉄人間28号とは※短期連載の予定だった?
⑬特別ふろく大人の塗り絵 鉄人28号

なんと 嬉しくなってしまったよ。
本屋で探してごらん

☆彡 【“『26、27、28號 だけど ブラックOXが好き』”の続きを読む】
このページのトップへ

『漫画発掘』月刊誌と付録と小説!

『漫画発掘』月刊誌と付録と小説!

【●】『少年クラブ』昭和35年新年号

※まず下記をみて思い出してほしいなぁ。
少年クラブ



ピストル玩具、円盤玩具、漫画付録、綴じ込みカラー漫画、カレンダー等
22個並べた豪華(?)ふろくの恐ろしい数々。

新年特大号の内容
お年玉大けんしょう  豪華大ろく
①20連発タイガー・コルト  ※タイガーコルト ふろくのあそびかた
②円盤フライト
③ジャガーの目[別冊付録]
④月光仮面[別冊付録]
⑤ロボット三等兵[別冊付録]
⑥まぼろし城[別冊付録]
⑦スーパー・ゼット[別冊付録]
⑧電光人間[別冊付録]
⑨月光仮面カレンダー
⑩よたろうくん[とじこみ]
⑪出世だんご山[とじこみ]
⑫ごうけつ選手[とじこみ]

[ラッキーセット]
⑬月光仮面ゲーム
⑭よたろうくんふくわらい
⑮ふきごま
⑯スピード風車
⑰忍術袋
⑱マジック・マッチ
⑲くるくるへび
⑳人気者当て
21. スポーツ絵はがき
22. 年賀状印刷板

もうどんな付録であったか忘れてしまったろうね。
でもあのワクワクした気持ちは忘れられない。
でもみんな紙製だったよね。

【●】『ジャガーの目』原作/高垣眸 たつみ勝丸
ジンギスカンの秘宝をねらって ジャガー一味はとうとう日本にやってきた!
さあ、ジャガーとたたかうモリーの活躍をみよう!

【●】『月光仮面/ドラゴンの牙の巻』原作/川内康範  桑田次郎
【●】『少年ハリマオ』堀江卓  「南十字星かがやく南の国に‥」[※]『怪傑ハリマオ』は石森章太郎の作品、テレビは三橋三智也が唄ってるあのフレーズ「まっかな~太陽~ なんですね。でもこれは『つばくろ頭巾』『天馬天平』『矢車剣之助』の堀江卓作品デス。
【●】『スーパーゼット/雪男の秘密の巻』
【●】『ごくらく紳士』前谷惟光
【●】『ダンダンくん』やまね あおおに
【●】『山彦タローの冒険』遠藤政治・え [※]ラスカル検索!
【●】『チャンピオン』オオトモヨシヤス [※]
【●】『ゴロニャン大将』伊藤たかし
【●】『やまだし団兵』平井まさね
【●】『よたろうくん』やまね あかおに
【●】『出世だんご山 十両時代編№14』大友朗
【●】『ごうけつ選手』貝塚ひろし

「人気者の年賀状 若乃花、杉浦忠、山中毅、大瀬康一」凄い!
「懸賞 金賞フジペット A賞コンドル銃 B賞シネロケット C賞スカイピンポン」 [※]欲しかったシネライトやシネロケット
「滑稽和歌かるた」沢井一三郎

【絵物語】「科学冒険小説 ヒマラヤの怪人」久米みのる・作  小松崎茂・え[※]
【絵物語】「地雷火童子」山田風太郎[※]  石原豪人・え
  忍法帖少年版
【絵物語】「スキーの王者トニーザイラー物語」文・永見七郎 え・林朝路
【絵物語】『きえた飛行機』福本和也[※] 吉田郁也・え
ちかいの魔球・黒い秘密兵器を思い出す。K7も検索!

【絵物語】『雪男はつかまるか 世界のふしぎ①』中山光義 石井勝利・え
【絵物語】『いけ!月世界』伊藤展安

「なかよし」「少女クラブ」
「ぼくら(七色仮面・少年ジェット・スーパージャィアンッ・ライナーくん・ロボットくん・台風ぼうや・大力まめ助・まさむねくん)」 広告

「講談社の五十周年を記念した楽しいお祝いの会」[※]写真/大友朗、武内つなよし、桑田次郎
「少ク映画館」
任侠中仙道(市川右太衛門 大川橋蔵 中村錦之助)
ボクはむく犬 コマンチ族(ダナ・アンドリュース) サーカスボーイ(コーキィとビンボー) 
花吹雪一番纏(東冨士出演) 

さあわかったかな?[※]を検索したら面白いよ。

☆彡 【“『漫画発掘』月刊誌と付録と小説!”の続きを読む】
このページのトップへ

『漫画発掘』『鳥だ!飛行機だ!いや‥』

『漫画発掘』『鳥だ!飛行機だ!いや‥』

昔々、映画館の中にはニュースと米アニメの専門館があった。
「ポパイ」や「ベティ」「ドナルド」「グーフィー」が総天然色で動きまわっていた。駅前の地下にある小さな映画館は初めてみる外国の不思議な映像に魅せられたのである。
全ての正義味方ヒーローの『‥‥マン』『スーパー‥』始まりは、この漫画だったのだろう。私が観たテレビ実写版は スーパーマンを演じたジョージ・リーヴス主演のもので、マントが閃いて「鳥だ!」「飛行機だ!」「いや すーぱーまんだぁ」は懐かしい。彼のその後について知ったのはかなり後になってからだったはずである。
片岡知恵蔵の多羅尾坂内ごとく ケントがスーパーマンなのに 誰も気がつかないという苛立たしさは その時代に生きた者の特権なのだ。

まずはこの漫画をみて欲しい。日本の漫画同様に右開きなのは コマをツギハギしているからなのだろうか。日本の漫画が裏ネガ式ではないのが不思議だといえば そうなのかなぁ。

少年画報社
昭和34年 9/1発行①海底王国②スフィンクスの謎③未来国旅行④悪魔の島⑤スーパーマンの新しい力

☆彡 【“『漫画発掘』『鳥だ!飛行機だ!いや‥』”の続きを読む】
このページのトップへ

【玖絽式蔵書匣】T⑥『夢みる一角獸』

【蔵書匣】T⑥『夢みる一角獸』

「夢をみてたのかい?」
僕は君にきいた。
「えっ なに いまなんか言った?」
「いや 何もいわないよ」
「嘘っ 言ったよ 絶対いったわ」
僕は君がうたたねしていたとばっかり想ってた。
だから 僕は苦笑い。
「君がさぁ こっくりとね ねていたのかと‥」
「なんだぁ やっぱりみてたのか」

陽だまりの硝子戸のなかは温かい。
秋の空は いま一角獣を使いによこしたんだ。
ほら 庭の枯葉が 不思議色に変わったもの‥。


『リリカ』①~⑤  五冊1976/11-1977/3 を所持

【●】『リリカ  ばらの号創刊号』1976/11
表紙-高橋亮子①-⑤連載
水野英子「伝説」①-⑤連載
睦月とみ「蝶々シリーズ」①-⑤シリーズ連載
市川みさこ「ペンキンさん」①-⑤連載
永島慎二「リリィのブルース/ひとは自分の欠点を愛す」①-⑤連載
手塚治虫「ユニコ」①-⑤連載
小森麻実「タイム・ジャンプ」①-⑤連載
山岸凉子「落窪物語」①-②連載
樹村みのり「ローズバッド・ロージー」①-③連載
ちばてつや「レコとマー坊」①
おおやちき「おかしな国のアリス」①
※つぎの裏頁にも書き込みがあるよ


【●】『リリカ 木の葉の号2号』1976/12
いずみ洋子「舞踏会の夜」②
おおやちき「鏡の中のひとり言」②

【●】『リリカあかりの号3号』1977/1
いずみ洋子「マギー・メイの家賃とりたて」③
おおやちき「雲さん雲さん」③
竹宮恵子「パリ・ジュヌビエーブ通り・人形館」③

【●】『リリカ雪の号4号』1977/2
樹村みのり「となりの一平くん」④⑤連載
まつざきあけみ「ペガサスの翼」④
おおやちき「編み編みかかしさん」④
湯村たい子「ないしょばなし」④
真理ひづき 「おねえちゃまとわたし」④

【●】『リリカたんぽぽの号5号』1977/3
平田真貴子「少女の夢」⑤
松苗あけみ「コートをぬいだら」⑤
いずみ洋子「フェミニンの三姉妹」⑤
原田千代子「レディ」⑤
平田真貴子「少女の夢は・・・」⑤
坂田靖子「たとえば・・・」⑤

☆彡
【●】『ユニコ』増刊リリカ・ユニコ特集号 1978/1/1 サンリオ
【●】『ユニコ』増刊いちごえほん大集・第2集 1979/6/1 サンリオ
【●】『ユニコ』愛の冒険Ⅰ・Ⅱ  1981/2/10  サンリオ

☆彡 【“【玖絽式蔵書匣】T⑥『夢みる一角獸』”の続きを読む】
このページのトップへ

【玖絽式玉手箱】T⑤

【玖絽式玉手箱】T⑤

いまの噺じゃないよ
月刊誌の漫画本には沢山の付録がついていた。
でも次の月まではどこかに散ってしまい残らないものばかり。
でも古い付録を手にとると あの時代の温もりが蘇るのです。

付録の五冊

①フライング・ベン少年ブック1967 6月号付録 集英社
※少年ブック 連載 1966年02月号~1967年10月号

②黒い峡谷 おもしろブック1954  6月号付録集英社 集英社 
復刻版 1973 全日本マンガファン連合 A5判【復刻シリーズ①】

④レモンキッド 1953 冒険王 5月号付 秋田書店
復刻版 1974 全日本マンガファン連合 A5判 【復刻シリーズ②】

③宇宙狂想曲 少年画報1953 9月号付録 少年画報社
復刻版 1975 全日本マンガファン連合 A5判【復刻シリーズ③】

⑤鉄腕アトム/三人の魔術師の巻/宇宙の寄生虫の巻 少年1962/1 光文社
※付録の半分が前作の続編となっている。
 



復刻版 黒い峡谷 付録フライングベン

復刻版 レモンキッド・宇宙狂想曲

鉄腕アトム/宇宙の寄生虫の巻


☆彡 【“【玖絽式玉手箱】T⑤”の続きを読む】
このページのトップへ

『その世界はずっと遥か空の向こう側』

『その世界はずっと遥か空の向こう側』


【高寺彰彦の漫画匣】

『トラブル・バスター』原作はあの景山民夫そして高寺彰彦のコラボ
主婦と生活社 GIGA増刊 1996 平成二年
「トラブル・バスター」
「シャイニング」
「まぼろし遊撃隊」
「トレイターズ・ヘッド」
トラブルバスター/高寺彰彦


蔵の中からやっと探し出した一冊。ずっと気になっていた特集号です。「宇賀神か!? バ‥‥」ってな 1頁まるまる使用している。愉しい。
ところで 今は何をしているのだろう。映画世界へ転進ですか?
もっともっと描いて欲しいと願うばかり‥デス。

そういえば、何かに漫画のテクニックを連載してませんでした?
それも本になったのかなぁ‥

高寺彰彦 単行本の作品  漫画の蟲から再録
『サルタン防衛隊』原作:大友克洋・高千穂遥 KCデラックス講談社1984
『ゴルゴンボックス』みき書房 1986
『悪霊』 ジェッツコミックス 白泉社1988
『ナムチ』 アスキーコミックス 1993
『かちかちやま』KCデラックス 講談社 1996
☆彡彡  【“『その世界はずっと遥か空の向こう側』”の続きを読む】
このページのトップへ

『ちゃんばらの時代』

『ちゃんばらの時代』
「しぇーは た・た・たんげ‥」
チャンバラ映画

東映チャンバラの頃 ぼくたちは‥
しねま01

全てが夢のような 季節がながれていた。
しねま02



テレビがまだ普及しなかった頃
映画は家族の娯楽だったよね
なかでもチャンバラ映画は愉しみのひとつであったし
怪傑黒頭巾、鞍馬天狗、柳生十兵衛、霧隠才蔵、宮本武蔵等
懐かしい時代だね
このページのトップへ

『コセの國とイーダァ國 八拾日物語』【陸】

『コセの國とイーダァ國 八拾日物語』【陸】

【陸】『月の塒(ねぐら)』

月の塒


今日という日は月を捕えることができる日なのです。
少年は月を入れる為の篭を片手に持ち、蒼い色のついた眼鏡をかけなおす。そして 遠い北の國から来た商人からてに入れた 竹でできた唇で鳴らす楽器を大事そうに 胸ポケットに仕舞いこんだ。少年の顔は上気して赤味をおびているのです。そう 気分は大漁なのです。

オールドムーンが増してきて三日月は痩せ細ってきた。月の欠片が月塒(つきねぐら)と呼ばれる高原にキラキラと舞いながら輝き落ちてくるんだよ。
オールドムーンというのは月の暗い部分で やや薄暗くなっている部分なんだ。地球の照り返しが月を明るくしているんだけどね。
その部分がある特定の夜になると、まるでパズルのピースみたいに地上に光の蟲のように降ってくるんだよ。
形は小さな三日月、とても素早くて簡単に掴まえるなんてできないけど、竹の楽器をつかうと、不思議なことにいとも簡単に指で捕まえる事ができるんだ。

掌より少しばかり大きめで、竹でできた楽器を左手で頬に固定したら 軽く唇を添えながら指で紐をはじきます。そうこれがムーンムックリという楽器なのさぁ。
少年は口の中で振動させながら共鳴させ、頬を大きくしたり小さくして音色の強弱を醸しだすのです。

月の欠片たちは このムーンムックリの音色が大好きなのさぁ。まるで猫がマタタビが好きなようにフワフワと酔ったようになって漂うのさ。
そうなるともうこっちのものなのさ、指で捕まえて持参した瓶に詰め込む。そして夜明け前の滴る露を加えると 太陽の中で醗酵して とてもまろやかな お酒ができあがるんだ。
さぁ 出かけるよ。
そろそろ現われるころだ。
あっそれから忘れちゃいけないよ、蒼い硝子の眼鏡をね。
指で触ると凄く光輝くよ。
まともに観たら一週間はなんにも見えないぞ。 
じゃあ出発。
その篭と瓶もわすれずにね‥。
少年は意気揚々と月塒(つきねぐら)の高原に歩きはじめたのだった。

湿原の月

射干玉乃玖絽[ぬばたまのくろ]

【次へ】
このページのトップへ

【玖絽式玉手箱】T④

【玖絽式玉手箱】T④

なんか限りなく載せてしまいそうだ。
蔵のリスト作成のために続けて登場させます。
今回は雑誌、付録、別冊 記事等!!

☆彡

少年画報 昭和34年6月号 少年画報社
スーパー太平記 最終回を掲載
記事-手塚先生のまんが訪問 「歯の力日本一」カット六枚 写真多数 えと文
☆彡
手塚先生のまんが訪問 記事「歯の力日本一」①
手塚先生のまんが訪問 記事1

手塚先生のまんが訪問 記事「歯の力日本一」②
手塚先生のまんが訪問 記事②

☆彡
※少年画報 昭和34年6月号掲載
少年画報/スーパー太平記/まんが訪問


※小松崎茂『空とぶ大客船』桑田次郎『まぼろし探偵』寺田ヒロオ『わんぱく記者』武内つなよし『赤銅鈴之助/開眼の巻』寺内鉄雄『おりづる剣士』関谷ひろし『KO(ノックアウト)小僧』一峰大二『裏町げんちゃん』河島光広『ビリーパック』福田三郎『さるとび佐助』手塚治虫『スーパー太平記』平川やすし『金星金太』岡友彦『流星仮面』棚下照生『鉄人指令Z』大塚たかし『さむらいキッド』山田常夫『チョンまげ三銃士』堀江卓『天馬天平』下山長平『イナズマ君』笹川ひろし『鉄腕ベビー』

別冊付録
『チンコロくん』『そよ風吹之助』『スター仮面』『エンゼルの秘宝』『怪人X1号』『まぼろし探偵』『赤銅鈴之助』『天馬天平』『イナズマ君』『鉄腕ベビー』

表紙 まぼろし探偵

繪物語 『名探偵多羅尾伴内』『ゆうれい城』『怪力谷風』

挿絵 高荷義之・伊藤展安 
 
7月号予告は石川球太『だんがん選手』城まこと『キャプテン五郎』浦山しげお『とんちゃん』



【“【玖絽式玉手箱】T④ ”の続きを読む】
このページのトップへ

『玖絽式蔵書缶』【Oの箱】①

『玖絽式蔵書缶』【Oの箱】①

あの「ファイヤーボール」が載った雑誌。
双葉社 アクションデラックス特別増刊1/27 と
アクションデラックス特別増刊1/27


そして未完で終った「童夢」掲載の三冊。
アクションデラックス特別増刊№3   1/19 
アクションデラックス特別増刊№4   10/5 
アクションデラックス特別増刊№5    2/1
空白のつづく連載であった。
Oの四冊


でも、それだけじゃあない。

【①】アクションデラックス特別増刊 S54 1/27號には
※「やさぐれ馬賊」バロン吉元
※「ボクの晩年」上村一夫
※「チライ・アパッチ」矢口高雄
※「時間追跡者」モンキー・パンチ
※「ファイヤー・ボール」大友克洋
※「LA HISORIA DE UN MADOR」関川夏央/松森正
※「あに・おとおと」長谷川法世
※小島 功※黒鉄ひろし※はらたいら※いしいひさいち


【②】アクションデラックス特別増刊№3 S55  1/19 
※「にっぽん新お伽噺」二階堂正宏
※「勝田線の女」長谷川法世
※「童夢」大友克洋
※「デモンシーズ」神田たけ志
※「マイ・ドラキュラ」村野守美
※「別手組異聞」小島剛夕/昴すまる
※「ご依頼の件」福山庸治
※岩本久則※秋 竜山

【③】アクションデラックス特別増刊№4 S55 1〇/5
※「糸とんぼ」キリコタク 
※「童夢」大友克洋
※「新宿十年殺し」橋本克彦/上村一夫
※「螢火」みなみらんぼう/三山のぼる
※「パイソン357/ヒツト・ガール」石井隆
※「或る日の午后」はやせ淳
※「うちの奥さん」広瀬歩
※「くノ一百鬼」小島剛夕
※植田まさし

④アクションデラックス特別増刊№5  S56 2/1
※「ポエジー」ながやす巧
※「風不知ノ技」小島剛夕
※「蒼白き馬を見よ」平野仁
※「金髪少年金髪少年」はやせ淳
※「うちの奥さん」広瀬歩
※「マイ・グッドネス/Bye Bye ELVIS」弘兼憲史
※「童夢-未完-」大友克洋
※「SILENT ZOO」モンキー・パンチ
※「白いキャンバス」くげぬま かお -新人賞受賞第一作-
※「浮気な気分でロックンロール」守村 大
※「サーカスの夜」川井マキ -新人賞受賞第一作-
※「痴漢鉄のメロディー」バロン吉元
※岩本久則※植田まさし

☆彡  
童夢の三冊

☆彡 【“『玖絽式蔵書缶』【Oの箱】①”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック