九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

【漫画発掘】⑥貸本

【漫画発掘】⑥貸本

少年探偵 岬一朗シリーズ
三島書房 ¥130 傑作漫画文庫
梅図一雄(ひらがなではないよ)
『底のない町』昭和31年(1956)、
『姿なき招待』-前編-昭和32年ころかな

大昔に近所の貸本屋にて購入
永い眠りからやっと覚めた漫画本

梅図かずお先生の漫画家デビュー50周年を記念として
復刻版もでたようです
【“【漫画発掘】⑥貸本”の続きを読む】
このページのトップへ

【歩句】796『宴』

【歩句】796『宴』

「酔いしぐれ かわせし言葉 花ほこる」
このページのトップへ

【漫画発掘】⑤貸本

【漫画発掘】⑤貸本

『奇劍崩し』白土三平 傑作選集 東邦漫画出版社 ¥150

【※九六蔵書匣から】

白土三平 傑作時代漫画選集
●「奇劍崩し」 時代中篇読切 昨州浪人 新免武蔵の話 48頁1960.6
●「飛(つぶて)礫」父と姉の仇を討つ太郎の武器とは‥   32頁1960.1
●「真剣白刃砕き」無明あげは落しに対抗する秘剣とは‥ 48頁
●「一乗寺藪下り」偽武蔵の八方破れのかまえ そして影武者 45頁1960.3

■予告 東邦の評判時代劇漫画

「繩ぬけ」-忍者編- 
ナワぬけ           32頁 1959.11
蟷(かまきり)螂           1960.2
四ッ身の術 -柘植小四郎kの術-1959.9

「大上段絶命」-剣豪編- 
大上段絶命          32頁1960
仇討無情          32頁1959.
狐(きつねづか)塚 64頁1959
いささか感ずる所      32頁1960

■予告の宣伝文
強烈な迫力で全編をつらぬく時代劇漫画!!
見よ!この迫力!感動!
ぜったいに見のがすことのできない白土三平時代漫画の決定判!!

※作品の製作年は「未復刻白土作品一覧」より
※1957年 貸本漫画『こがらし剣士』でデビューとある
※白土作品の貸本版は、上記いがいに十数冊所持している
『からすの子』『忍者武芸帳』『風の石丸』『シートン動物記』
問題は痛みが激しく このままでは閲覧禁止ですね 【“【漫画発掘】⑤貸本”の続きを読む】
このページのトップへ

【漫画発掘】④

【漫画発掘】④

『コスモコミック』COSMO COMICS 創刊号 

【※九六蔵書匣から】
①++++


サンポウジャーナル
昭和53年9月20日号(1978)  創刊号 280円
表紙 福田隆義<モアイ像とアダムスキー型UFO>
サブタイトル/ついに出た!劇画界の本格・豪華誌

□99の博物館 世界の石造遺跡 劇写(ママ)!  森本哲郎
□広告/産報デラックス99の謎「アトランティス徹底解明!」2色
 竹内均、三浦一朗、馬場恵二、矢島文夫、鈴木秀夫他
----どこか イリヤッドと関係ないのかなぁ
◎石森章太郎のイースター島びっくりルポ『モアイの沈黙』絵と文石森章太郎
------009シリーズの実体験?
●上村一夫『夢二--ゆめのまたゆめ  夢の一』原作/岡崎英生 題字/金子鶴亭
●赤塚不二夫『ニャロメの研究室①四次元への招待!!』
●石森章太郎『芭蕉 <序> 旅に病んで夢は枯野をかけめぐる』
●勝又 進『たんたん歳時記』題字/富士正晴
●真崎 守『連作/風漂花 第1話/すくよ』
●小室孝太郎/平松おさむ『マッドネス クローン編①』
●江波じょうじ&南波健司<大仙プロ・作品>『氷河民族』原作/山田正紀<角川書房刊>

◎大学マン研リーグ戦PART①<お茶の水女子大学>
テンペスト 部屋 BORA 北風を蹴る! 位座ばるぼら6 ALBUM 

●くげぬま かを『われら子羊』

◎日本の漫画家100人①長谷川法世の巻<ヒーローは遍在せず>清水哲男
□快楽的文章読本 ①宮武外骨の巻 川原淳  画/赤瀬川原平 
◎わたしとマンガ ①リリィの巻  教科書がマンガだったら/リリィ
□99の博物館 世界の巨石 日本の巨石

●さいとう・たかを<さいとうプロ作品>『クレオ-ΚΛΕΟΣ-アレクサンダー大王物語』


コスモコミック類





※創刊号から6号まで 全6冊【※九六蔵書蔵から】

②++++
③++++
④++++
⑤++++
6++++

このページのトップへ

黒いボールペン34

黒いボールペン 34

『おーに』
節分の鬼

守美さんの絵に 似ていると思いながら描いていた‥

『太鼓小僧』
太鼓小僧

このページのトップへ

【漫画発掘】③復刻版

【漫画発掘】③復刻版

『火星探検』全極彩色特製

【※九六蔵書匣から】
火星探検-


実際は『検探星火』と右書です。平仮名では『くわせいたんけん』と表記してある。

昔、映画ポスターで『グンコグンキ』とあったのを思い出し、『トッケルカ』なる菓子のことも懐かしい。

登場人物
星野テン太郎、星野ニャン子(猫)、星野ピチ(犬)、星野博士、月野博士、星野夫人、二種類の火星人、ミルチス・マヂョル市の市長、火星人の医師、火星の看護婦

火星探検-h


『火星探検』目次
「星野博士」「火星への通信」「火星の運河」「火星に人間が住んでゐるか」「空中飛行」「火星の都市 ミルチス・マヂョル市」「大歓迎会」「腹痛」「トマト騒動」「火星の看護婦さん」「地球に向かって」「テン太郎の報告」「人間のヒゲと猫のヒゲ」「コオロギと蛙」

著者 大城のぼる ※【1905年-1998年】
原作 旭 太郎 ※【1901年-1940年】
中村書店発行(浅草)
昭和十五年五月三十日発行
定価 壱円 貳拾銭 (一円二十銭)

復刻版 松本零士さんが資料を提供している
小学館より発売  小学館クリエイティブ 版

「火星探検」ほかに「汽車旅行」「愉快な鐵工所」も発刊

※後頁の広告『ナカムラ繪業書の広告』85銭から一円まで

【芳賀まさを/ドウブツ学校】     【新開青花/象さん豆日記】
【謝花凡太郎/大陸合笑隊】     【渡邊太刀/海陸探検隊】
【芳賀たかし/坊やの密林征服】  【小澤よね吉/ほがらか親善便り】
【謝花凡太郎/まんが大陸日記】   【芳賀たかし/愉快な子熊】
【新開青花/アフリカ探検】     【渡邊加三/コドモ海洋丸】
【芳賀まさを/南極ペンちゃん】  【渡邊太刀/まんが良寛さま】
【新開青花/北極探検】       【謝花凡太郎/小馬ひん助】

【●】一度は 絶対にみなくてはいけない漫画の中の漫画だと思っていました。実際手がふるえましたね 
九六
このページのトップへ

【歩句】795『まどがらす』

『窓硝子 濡らす滴 春の日の朝 雨には音はないけれど トタンにうちつける雨 強くなったり弱くなったり 風まかせの雨言葉 けむるあめ 外の景色は淡くかすみいく せっかく花がさいたのに でも 天水に救われしものあり 惠なる雨 突然 選挙カーがけたたましく通り過ぎて 雨言葉が消される 暫し遠くをみつめる やがてあめたちが戻ってきたようだ 滴が垂れて 窓硝子』

「雨垂れの 唱が響けば 風踊る」
このページのトップへ

【歩句】791~794

【歩句】791~794


【歩句】794『かぜたより』

「ひとごみの 言葉ひろいて 背をまるめ」

【歩句】793『惜別』

「春待ちて 温もり放ち 逝きはぐる」

【歩句】792『石桜』

「石わりて 芽ぶきしはなの 刻つげる」

【歩句】791『疵』

「軋みたる せとはら痛し はる何処」
このページのトップへ

【歩句】790『はな電報』

【歩句】790『はな電報』

マテド
マダコヌサクラバナ
キヲモタセツツ
シノビクル

サケバ
イチドニサクラバナ
ツギカラツギト
ホホソメル

フイテ
フカレテサクラバナ
カワモニサキシ
ハナイカダ

チリテ
アオバノサクラバナ
ドコフクカゼト
タダソヨグ


下記はふた昔 花のうた

【歩句-297】『電報』

キキオヨブ
ヒトモホホエム
サクラサク

ワレイマダ
サキシサクラノ
スガタミズ

レンラクヲ
スグトラレタシ
ハナイズコ

トドケタシ
ユクエフメイノ
サクラバナ




このページのトップへ

【蟲匣】手塚復刻版

【玖絽式蔵書匣】復刻版

復刻版『THE FOSSIL MAN -化石人間-』OP-63
手塚治虫 
少年少女-冒険王二月号付録

【※九六蔵書匣から】
化石人間-

表紙裏 作 手塚治虫 copyright 1949

裏表紙 <マンモス>
化石人間-u

広告 漫画みるなら日本一の漫画雑誌『漫画王の2月号』
『やきゅうのきゅうちゃん』
『ひこうき、きちがいのペラちゃん』
『ぼくのそんごくう』
『こぶたの その1 でこすけ』
『おしろのかのこひめ』
『ポンポコちゃん』
『キングコング/石井治画』
『付録スマートパチンコ
このページのトップへ

【歩句】787~789

【歩句】787~789

【歩句】789『雨酒桜』

「かお染めて 蕾に酒と しだれ咲く」


【歩句】788『ふきのとう』

「雪融けの バッケおがるや 北の沢」


【歩句】787『さくら』2007-04-14

「不来方の 一輪さきし 春や城」

【“【歩句】787~789”の続きを読む】
このページのトップへ

【漫画発掘】①

【漫画発掘】①

ヤングコミック   昭和45年2月10日号 1970年

表紙 上村一夫
■MADな世界!?<スキー場の怪>  BYマッド・アマノ
□写真 景山ミスズ 18才 
□映画/中村錦之助が2億5千万の巨費たでつくった「幕末」を紹介
●狂い犬(マッドドック)『AFRICAN LUGER-アフリカン・ルガー-前編』By/M(マイク)・ハスラー №38<前編おわり>
◎「青春対談/はみだしこそ人生だ」真崎・守×淺川マキ とことん話そう⑦
●『くの一異聞/黄金祭り vol3』上村一夫       <おわり>
□『幻のバックストレッチ』寺内大吉-イラスト上矢津本格競馬小説<最終回>
□「アングル’70/続・快楽と神秘」
□ヌード/マリリン・ストーン
□ピンク解放区 1コマ漫画とショート・ジョーク
●『賭博師-ぎゃんぶらー-/賭ける女』原作/福本和也 脚色/伴砂夢 新人競作シリーズ <おわり>
■『社長物語』西沢周平    <おしまい>
■『ズッコケセールスマン』谷岡ヤスジ      
■『東京がダメなら‥‥』北山 竜       <おしまい>
□「トップ特集 日本低国 芸能界/マネージャー稼業の裏表」
□ レーシング・カート入門」
□「岡崎宏司のオート・テクニック 基礎④」
□「クルマの情報」
□「オートカレンダー」
□「車のアレコレ サファリ学校」
□「トピックス」
□「芸能/ピーターに新人賞」
□「デニス・ホッパーに次回作決定」
□「日本映画案内」
□映画/性教育漫画「完全なる結婚・第2部」
□競馬 東京新聞杯/東京4才スタークス/きさらぎ賞
□ジュンコの男性ファッション学「マキシールルックは祐樹る男のオシャレだ!!」 
□実用オシャレ情報
□ゲリラMAP
□ボーリング
□雀豪 虎の巻  /菌崎
□占星術/運勢判断
□読者アンケート
●『連作/はみだし野郎の子守唄/Vol.11 その時わたしは』真崎・守 <おわり>
■『愛しのゲラ子 れんさい/VOL.14』秋 竜山 <おしまい>
□「パロディ版 1970日本万国博案内図」
レポート/ヤマグチ・パロディ館 リュウジ・ツクーダ
□今週の相談=キミはハンポかもしれない
●『喰わえ犬伝奇』原作/川崎俊祐 作画/臣 新蔵 ヤマモトプロ <完>
□読者のたより

※エンドクレジット列挙 <おわり><おしまい><完>

【※九六蔵書匣から】
ヤングコミック+


【1970年 昭和45年】

大阪で日本万国博覧会----20世紀少年
野球八百長事件----------野球賭博
日航機よど号事件--------ハイジャック
観光船のシージャック------射殺--
光化学スモッグ-----------怪獣 
マイカー時代-------------大衆車
歩行者天国--------------立ち食い
鼻血ブー ----------------アサー!
三島由紀夫割腹自殺------盾の会

☆彡
☆彡

※M(マイク)・ハスラー =望月三起也
1968年『狂い犬(マッドドック)』連載
青年誌にマイク・ハスラーのペンネーム名で連載


※上村一夫  くの一異聞  15話
『みだれ三絃』『破れ凧』『※黄金祭り』『流れ花』
『奇人長屋』『比丘尼悔恨』『黒いゼウス』
『淫獣奇譚』『仇討ち非話仇討ち非話』
『少女炎上』『本来教始末』『遠魂歌』
『白い夜』『くの一三度笠』『蛮船遠来』
このページのトップへ

【歩句】786『くろっかす』

【歩句】786『くろっかす』

「うすむらさきの 喇叭吹き 賑わいし」
「くろっかす オーケストラは 春の章」
このページのトップへ

【歩句】785『土手』

【歩句】785『土手』

「春めくや 花の言葉を 聴きにゆく」
このページのトップへ

【歩句】784『はれくもりはれ春』

【歩句】784『はれくもりはれ春』

「やむか やまぬか 駆けぬけし 交差点」



【“【歩句】784『はれくもりはれ春』”の続きを読む】
このページのトップへ

☆彡九乃翁『寒没日(かんいりひ)』-蒼天より-

『寒没日(かんいりひ)』-蒼天より-二十句のうち十句を掲載




「くろがねのとろりと雪へ溶断す」

「冬も裸身の坑夫切羽に声失う」

「十三の雪町人がみえねば暮るるのみ」

「寒没日みじかき橋を渡りけり」

「寒日の川に起伏のありしかな」

「佐渡ケ島島の向ふも冬の海」

「クロッカス咲く一子が家を出づ」

「老婆降り老婆乗り込む春の駅」

「宵宮を伏見に見たり秋祭」

「月見草一村睡り風の襞」



句を これからも掲載したい
このページのトップへ

【歩句】783『彩色』

【歩句】783『彩色』

「パレットの 十二色に 春さわぐ」
「春めいて 十二色の いろあそび」

アネモネ

クロッカス

水仙①


【“【歩句】783『彩色』”の続きを読む】
このページのトップへ

【歩句】782『酸素マスク』

【歩句】782『酸素マスク』

「滴なる 冨士の山 愛しきもなし」 【“【歩句】782『酸素マスク』”の続きを読む】
このページのトップへ

【歩句】781『福寿草』

【歩句】781『福寿草』

「みちのくの 黄金ふやせや 福寿草」
「ひあたりの 枯葉おしのけ 福寿草」
「あちこちと 黄金の毒や 福の花」

「のこり雪 滴あつめて 福寿草」 【歩句780】
「雪解けの ちちを迎えし 福寿草」【歩句770】
このページのトップへ

『コセの國とイーダァ國 八拾日物語』【参】『シーフの夜』

『コセの國とイーダァ國 八拾日物語』【参】

【参】『シーフの夜』

どんどろろ どんどろろ 
唸るようにネン(念)の太鼓が街に鳴り響く

「あっ もうこんな時間なの こんな事していられないわ」
「紅い星屑をご入用では‥?」
「星屋さん!時間がないの この次にまた呼びとめますからね またキットきてよね」
「‥はい、今度はガラトン病に効く紅い星をおもちしますから‥」

少女は木戸を閉めて屋敷の奥に駆けていった
星売りはちょっとばかり 三つ編みの少女の屋敷をみつめていたのでした

ガラトン病というのは謎の病気で 最初は、身體(からだ)中にちいさな星の斑点できて
最後には 身體全体にひろがり 岩のように石化してしまうのです

でも 紅い星屑を煎じて飲むと 治るわけではないが 進行が止まるらしいのです

どんどろろ どんどろろ
ねりあるく太鼓が耳にひろがる

もうすぐ 闇がやってくる
星売りの小僧さんも 駆け足で袋を抱えかえっていく

高い塔の上からみると 闇が静かに沙漠を這ってくるのがみえる

どんどろろ どんどろろ
もうすぐ シーフの夜がやって来る
早く閂をかけないと 
急いで窓にめ張りして
燈を隠せ

ほらほら もうすぐシーフの影がやってくる
どんどろろ どんどろろ
塔の太鼓が もうすぐ鳴り止むぞ

(つづく)
このページのトップへ

『檸檬風』

季節はずれのうたひとつ 放ちとばしゆく


『檸檬風』

壁にある

夢二の哀しき女(ひと)
佇みて
浴衣に 潤んだ眸
遠く彼方を眺めゆく

淡き彩
ながき睫が 憂いのなかで
微かに揺れる

檸檬の花の香が
暑さ凌ぎの 団扇を揺らす
白き花
棘に  痛みの吐息 
紅き滴り あつき想い
指先を唇あてて めをふせる

この穹は 
どこまでも 儚きものと 嘆かずに

窓から放つ
おもいを一つ

檸檬のかおりが
風にのり
淡き恋ごころ
とどけてほしい

-玖絽-
このページのトップへ

【漫画蟲飼い】2007/04/01版 

【漫画蟲飼い】2007/04/01版 

【●】『マエストロ MAESTRO ②』さそうあきら 双葉社
【●】『もやしもん④』石川雅之 イブニングKC講談社
【●】『イリヤッド 入矢堂見聞録⑫⑬』魚戸おさむ/東周斎雅楽 小学館
【●】『宗像教授異考録⑤』星野之宣 小学館
【●】『私家版魚類図譜』-私家版②-諸星大二郎  講談社
【●】『越後荒川堂夜話①』石坂和道 講談社
【●】『JIN-仁-⑦』村上もとか 集英社
【●】『軍鷄-25-』たなか亜希夫/橋本以蔵  講談社
【●】『彼岸島⑱』松本光司  講談社
【●】『RIDEBACK-ライドバック-⑦』カサハラテツロー  小学館
【●】『Moribi’s-守美の日本昔ばなし』村野守美  青林堂
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック