九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

『慧の箱』(20130920)

『慧の箱』(20130920)

友人の慧氏から
新刊案内の手紙が舞い込んだ


マンガで学ぶ不動産取引 第1巻-マンガで学ぶ不動産取引 第2巻-マンガで学ぶ不動産取引 第3巻

ご連絡を有難うございます

九六


スポンサーサイト
このページのトップへ

【慧の箱】『新作未発表原稿』()

【慧の箱】『新作未発表原稿』()


慧氏より現況報告として
新作未発表原稿が届きました。
未発表のため伏字と薄めで加工してあります。

慧20120605

もうじき本になるとのこと

漫画一本でパパ業に挑んでいる最中
との意欲的な連絡が入りました。

九六






このページのトップへ

『戦国異聞/三増峠の勝ち鬨』

『戦国異聞/三増峠の勝ち鬨』

久しぶりにK君からの連絡がはいり、「乱」TWINSに作品が掲載されたという事が記されていた。
さっそく隣りのコンビニにいき購入する。
題名は『戦国異聞/三増峠の勝ち鬨』
内容は武田と北条の合戦である。北条方の配下に材木座が参戦する噺である。材木座は木挽衆、筏衆、杣衆に分かれ山守組織をつくっていた、その杣衆の頭にシュラという男を主人公に描いている。
よく調べているなぁと常々思っているが、戦国歴史の片隅に生きた男を中心に情報戦として様々な者が登場してくる。
愉しめる一作であります。もしよければ皆様もぜひ購読をして頂きたい。

乱2010-8-戦国異聞/三増峠の勝ち鬨


九六


このページのトップへ

『穿火-せんか-』

【慧の匣】

『穿火-せんか-』

久しぶりに彼の漫画をみる。
時代劇は歴史の視点をどこにおくかで違ってくる。
今回は仏閣や城などを造った大工達と戦をする侍を描いている。
彼の作品は歴史に虐げられ 翻弄される人々の立場から それでも小気味良く生きていく様をつづっている。地味といえばそれまでだが、不思議に引き込まれるのは、歴史の流れを知り尽くしているからだろう。武器にしても 渡り宮大工が用いそうなものを 持ち出している。錘分銅、鑿、鉄釘とその武器はもっと派手に使って表現してもいいかなぁ。でも宮大工だからねぇ殺しの道具は限定されるのかな。鉋の歯、錐だって しまいにぁ鋸だって武器になるやもしれないぞ。
結構 頁を削られたんだろうか。 などと独り漫画を見ながら愉しんでいるのですよ。

「穿火」
慧 穿火

「家船のモズク」
慧 家船のモズク

「JAPANESE RIDER" border」
慧 JAPANESE RIDER

「飛礫のヌルデ"」
慧 飛礫のヌルデ

「百姓刀」
慧 百姓刀

「馬借異聞」
慧③馬借異聞

「源太郎」
 源太郎


次回はどんな下層にうごめく人々が主人公になるのか これまた楽しみですね。



☆彡
このページのトップへ

『玉手匣をあけてみれば‥慧氏の‥』

『玉手匣をあけてみれば‥慧氏の‥』
 
『平成百姓サムライ』
農業維新列伝『平成百姓サムライ』原作鈴木 誠 、脚本坂本雅俊
第1話は田中雅紀氏が作画を 第2話から8話は佐々木慧氏が描いております。農業から産みだされる恵みを漫画で表現されています。
農業に惹かれていく商社の青年と地にいのちを賭けて食物をつくりだす農業人の今が描かれております。

ナチュラルアート【NaturalArt】http://www.naturalart.co.jp/manga.html

農業と漫画、食物と漫画は素材自体地味なものと思わがちですね、対象読者は農業人と関係者だけなんてことはないでしょうが、カタカナ言葉が多用され難しい単語がでてきます。ただ片手間に農業をしていては世界市場から潰されてしまう そんな時代なのですね。石油燃料に代わる穀物や花の実、果実まで根底を揺るがすという警告、そして最近の食の安全性などが盛り込まれているのです。
欲をいえば 食漫画の代表みたいな『おいしんぼ』とは言いませんが 絞込みが欲しいですね。

慧氏の柔らかなペンタッチが好きですね。物語の中の祭りシーンや子供との描きかたは 彼自身の子供をみる目と同じなんだろうなぁと遠き田舎から想いを馳せる。
頑張ってるね ありがとう。

百姓サムライ
ジュンガが走る!!



慧のゑ葉書

慧からの①

慧からの②

慧からの③



このページのトップへ

『戦国外伝 馬借異聞』

『戦国外伝 馬借異聞』 佐々木慧氏の作品 

コミック乱ツインズ5月号(必殺 梅安の表紙)に佐々木慧の『戦国外伝 馬借異聞』が掲載されました。馬借シリーズ第二弾の読切作品なのです。
以前の作品『飛礫のヌルデ』『百姓刀』『JAPANESE RIDERS』『戦国外伝 家船のモズク』と歴史の中で虐げられた人々に焦点を絞り込み 物語を描き続けている漫画家ですね。今回の 『戦国外伝 馬借異聞』は 『JAPANESE RIDERS』に登場した馬借頭のジュンガが再登場である。

「戦国外伝 馬借異聞」
馬借異聞 佐々木慧


「いつでもいっしょ」
慧①


「クロース゜株式投資」
佐々木慧の本


「株トレード」「」「」
慧 漫画


「会社の真相」
慧④





☆彡
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。