九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

『夏の扉/NUAGE(ヌアージュ)』全

『夏の扉/NUAGE(ヌアージュ)』全


-NUAGE(ヌアージュ)とは雲のこと-



NUAGE(ヌアージュ)☆彡
あの日‥
夏がくるほんの少し前のこと
風の吹く午後でした
夏の扉-00001
宝物の硝子玉をポケットにとじこめると
村はずれの丘を駆けあがる
そこには‥
異邦人たちがいた。
夏の扉-00002
それは
不思議な空間
奇妙な妖しく、懐かしい調べ
夏の扉-00003
異邦人の娘は野に咲く花の中を
跳びはねるように踊る
ながく美しい髪が雲の隙間を結ぶ糸のようにキラキラと舞った
夏の扉-00004
リズムのテンポが 突然 早くなりかろやかにかわる
硝子球は時のプリズム
夏の扉-05

丘の上は今まで聴いた事のない楽曲が
繰りひろげられこぼれ溢れる
おわりのない踊り
汗の滴が奇声とともに周りを潤す

背に気配がした
若い異邦人が風の中にたたずんでいた
夏の扉-06

ギターを背負っていた男は
胸ポケットから潰れたジターンを取り出す
マッチを擦ると硫黄の香りが周りにたちこめる
風は紫煙をはこび空に吸いこまれる
村はもうすぐ夏色に染まるはずだ
-そうだ、この人だったんだ-
夏の扉-07☆彡

おもむろに座り、ギターを膝にのせると
手を滑らせ弾きはじめた
強く柔かに弦を隙間に指がめぐる
メロデアスな旋律が風をおくる
心のどこかが崩れていく
何故か それは包まれた母の胎
夏の扉-08

彼の曲が踊り子に届いたのだろうか
彼女は声を挙げ両手でスカートの裾をたくし上げると
坂道を駆け登る
コバルトブルーの草がざわめき
男はただ眩しげに笑っていた
そう男の名は‥‥
‥‥
夏の扉-09☆彡

踊り子は男の首に絡むように身をなげた
男は戸惑いながらも微笑んだ
眩しい陽射しの中に溶け込むふたり‥
男が噛みしめていたジターンが
唇からはなたれた
夏の扉-10☆彡+

男の母らしきひとが懐かしげ微笑み
息子に声をかける
彼が突然現れた事について
どんな経緯なのかは当時は理解できなかった
おおきな戦があった
仲間が彼を囲む、暖かな人々
あとで知る事になるのだが
踊り子は彼の妹‥
こころのどこかで安堵し むねをなでおろした事が
いたたまれない気分になった

男は仲間と言葉を交わしたいからと
ギターを私に預けた
初めて触るギターの手ざわり
それは魔法の楽器
これが出会いでした

そう
ここは異邦人たちの宿 異邦人たちの地‥
夏の扉-11☆彡

彼は簡単な弾き方をおしえてくれ
踊り子にはなしかける私がいた
季節が永遠につづく時間がそこにはあった

ヌアージュ
それは はてしない穹に
幾重にもかたちを変える
風にみをまかせ 浮かぶ  雲
夏の扉-12☆彡
何日かがすぎて 事件がおきた
紅蓮の炎、迷走した裸馬が失踪する
彼女は走る ころがるように
野原は黒煙につつまれる
夏の扉-13☆

油に引火したのだろうか
そこは焔に包まれた‥‥
夏の扉-14☆☆彡

草原に声が響く
男たちは水桶をかかえて走る
夏の扉-16☆彡
火事の原因は不明だった
ただ村人が石をなげたとか
立ち退くように詰め寄ったとか
噂は尾ひれをつけた

男は左手を火傷で失い
ギターを私に渡して微笑んだ

異邦人たちは数日のうちに追われるように去っていった
わずかな間の出遭い
私の手許に踊り子の記憶と魔法の楽器が残された‥

それから、かなりの月日が経ち
あの丘に登る‥
夏の扉-16☆彡

久しぶりに故郷にもどる
村の近くの町にある小さな酒場
そこで演奏する事になった
所々欠けてしまった硝子玉は
いまもポケットの中にある

丘の風景は昔とかわらない
吹きつける風を胸にいれる
風が渦を巻き空気がしわの襞ができる
ゆびをそっとさし込む‥
夏の扉-17☆彡
不思議な感覚におそわれた
なんの抵抗もないまま するりと空気の襞に吸いこまれる‥
夏の扉-18☆彡

煌めく幾つもの硝子球が目の前に踊る
‥そこに
夏の扉が‥あった

この草原に彼らと出遭った




九六 2010-11-9 鉛筆画


スポンサーサイト
このページのトップへ

『夏の扉/NUAGE(ヌアージュ)』

『夏の扉/NUAGE(ヌアージュ)』


NUAGE(ヌアージュ)☆彡


NUAGE(ヌアージュ)とは雲のことです


玖絽


【“『夏の扉/NUAGE(ヌアージュ)』”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。