九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

【漫画蟲蔵】『石原はるひこの棚』()

【漫画蟲蔵】『石原はるひこの棚』()

この前に、「ごん」を紹介しましたが、表示と目次など氏の作品がいたるところにちりばめていました。
宮沢賢治の作品を漫画化したものがあるというのだが未見であります。
地元の賢治記念館にはあるのかなぁ。暫く記念館にも行っていないけど、小一時間で着くのだからそのうち足をのばそう。

さて、この2冊は発売時に購入したものであり 氏の作品 この2冊を棚はあけてあります。
他に雑誌以外でなにかあったら教えてください。

石川はるひこ01-石川はるひこ02

氏の詩的感覚の鋭さと画に憧れていました。

石原はるひこと石原春彦名義の作品もありますよね
切り抜きから

青春暗黒編/プロダクション残党/石原はるひこ他-石原はるひこペック--石原春彦05-石原春彦06-石原春彦07-石原春彦08-石原春彦09-石原春彦10-日の丸文庫 ごん 1968年8月号(創刊号)】-日の丸文庫 ごん 1968年9月号】-日の丸文庫 ごん 1968年10月号-日の丸文庫 ごん 1968年11月号】

もっと単行本を直に本でみたい。切望します。



九六


スポンサーサイト
このページのトップへ

【漫画蟲蔵】『漫画読本の棚』()

【漫画蟲蔵】『漫画読本の棚』()

蔵の中に何冊あるが判らなくなってしまったのでリストを作成する事になった。
当然ながらダブってしまったのも二冊ほどあったが、これはまとめて買った報いなのだろう。まだ古本屋の店頭で見つけると つい手をだしてしまう漫画読本の蟲たち…で何冊あるのかというと、まだ蔵にあるらしいのでみつかり次第 リストに参加させよう。


195503-3003-01-195505-3105-195507-3007-02-195510-3010-03-195601-3201-04-195607-3107-195703-3203-195709-3209-196301-3801-196310-3810-08-196401-3901-196311-3811-196412-3912-196501-4001-196502-4002-196504-4004-196507-4007-196509-4009-196510-4010●-196512-4012-196602-4102-196603-4103-196606-4106-196608-4108●-196612-4112-196702-4202-196706-4206-196707-4207-196710-4210-196801-4301-196802-4302-196803-4303-196804-4304-196806-4306-196808-4308増刊-196812-4312-197001-4501-197001-4504-198211-5711-198306-5806

ところで35年前、当時は人形町に住んでいて、夏に近い神田古本屋街で紙袋に購入したこの本を必死で抱えたのを思い出す。重量で紙袋の紐は切れて、それでも両手で抱えて帰宅した。なんと馬鹿な真似をしたものだ。
笑い話という事で毎年一冊二冊と増えていく。今回も六冊が増えたけど、ダブリが多くなるのは困ったものです。



九六


このページのトップへ

【漫画蟲蔵】『山岸涼子の棚』()

【漫画蟲蔵】『山岸涼子の棚』()

この棚はなぜか怖い。
煌びやかな女の世界とは別の影の世界を垣間見ることができるからである。

心の奥の得体のしれない自分と対峙した時に、鏡の世界とは別の恐怖がうまれる。
具象的な恐怖を描く作家は多くいるものの、山岸氏の描く恐怖はまた次元が異なるようだ。
娘が彼女の本を棚からみつけじっと読んでいるいるのを、そう、私は襖のかげから顔だけを出して伺っている、

ねっ、怖いでしょう。

山岸涼子21-山岸涼子22-山岸涼子25

山岸涼子26-山岸涼子28-山岸涼子29

山岸涼子30-山岸涼子31-山岸涼子32

山岸涼子33-山岸涼子34

山岸涼子01-山岸涼子02-山岸涼子03

山岸涼子04-山岸涼子05-山岸涼子06

山岸涼子07-山岸涼子08-山岸涼子09

山岸涼子09-山岸涼子11-山岸涼子12

山岸涼子51-山岸涼子52-山岸涼子53

山岸0010-山岸0011
【●】古い付録2冊


九六


このページのトップへ

【漫画蟲蔵】『松永豊和の棚』()

【漫画蟲蔵】『松永豊和の棚』()


最初の印象から書かねばにらない。
入口で躊躇したのが本音でした。しかし一旦読み始めると松豊サンバならぬ松豊ワールドに陥ってしまった。絵の個性的なことはさることながら、彼独特の間合いの軋みがヒダにしみこんでくるのだ。これは一種の神経毒なのかもしれない。
昔から思っていたのだが漫画は読者を犯すべき毒が必要なのだと。それは絵の表現力もさることながら漫画家自身が持つオドケと強気な精神力が作り出すもので、漫画の2次元的表現力は読者のもつ基礎映像解析を越えねばならないとも思うからです。簡単にいうと展開する先が読めないという単純明快なことなのです。

レゲェの持つ単純な音階が増幅され、繰り返されるリズムによって異常な陶酔感が生まれるって感じだろうか。
なんか褒めてるのか貶しているのか判らなくなってきたぞ。彼の蟲たちのために棚が必要なのは事実なのだ…のこころ。

エンゼルマーク             竜宮殿①
松永豊和01-松永豊和05
竜宮殿②③
松永豊和06-松永豊和07
バクネヤング①②
松永豊和02-松永豊和03

さあ、毒を呑むか呑まぬのか
それは自由だ。


九六


このページのトップへ

【漫画蟲蔵】『かわぐちかいじ乃棚』(1)

【漫画蟲蔵】『かわぐちかいじ乃棚』(1)激動の軌跡


彼は漫画という表現で、歴史の点と点を繋げているのではないか、
そう思う時がある。
時間の経過は別としても過去・現在、そして未来へと続く縦軸に、人間の生きる証しという横軸を絡ませ布を噤みそして織り上げている。

ただそれには始まりがあり、創作の原点がある。
黒の闇世界、そこかに身を置くもの足掻きともとれる人間模様が彼の手にかかると鮮烈に血の気をおびてくるのです。
ただ読者にとっては、荒削りともいえる人間の息吹というものが受け入れがたい時期の作品群である。しかし同時にその鮮烈な生き様をもろに受け入れた読者としての私がここにいる。

初期の作品とは
デビュー作『夜が明けたら』()や
それ以前の『はずれた…ナットのバラード』()
その作品を掲載した、『けんか葉隠 原作宮田雪)』()である。

北冬書房の2作品
『風狂えれじい 』(1968)と
『死風街』()--そのうち手に入る予定。予告のみ掲載。
かわぐちかいじ00-
かわぐちかいじ01-かわぐちかいじ02+

かわぐちかいじ03-かわぐちかいじ04

『テロルの系譜』()---蔵にあったか未定 未読
『テロルの箱船 原作宮田雪』()
かわぐちかいじ20 テロルの箱舟

『黒い太陽』(4巻)
黒い太陽01-黒い太陽02

黒い太陽03-黒い太陽04

『私設探偵 赤い牙 原作勝目梓』()
かわぐちかいじ15-かわぐちかいじ16

『赤い野獣 原作勝目梓』()--これも蔵にあったかどうか、未読
『牙拳 原作東史朗』()
『猛者連ブギ 原作東史朗』()
『黒旗水滸伝 大正地獄編 原作竹中労』()残念ながら未読

かわぐちかいじ06-かわぐちかいじ10-

かわぐちかいじ14-かわぐちかいじ13-

かわぐちかいじ12-かわぐちかいじ11

かわぐちかいじ17-かわぐちかいじ18

かわぐちかいじ19
『襲名せず シナリオ関川夏央』()
『銀狼に孤独をみた 原作久保田太郎』()④のみ
『悪党商会』()
『悪人喰い』()
『蛮族警察 作-セルジオ関』()
『バクダン 極道疾風伝』()
『軍靴の響き 半村良』()--みているが蔵にはない
『唐獅子警察 滝沢解』()--みているが蔵にはない

もちろん完全ではないが初期の作品を掲載してみた。

次回は麻雀と探偵が待っている、この後を掲載する予定ですが、あり過ぎてすすまない。気の向くまま再度読みかえすのも一考かと…

沈黙は全巻大判だよ ハァー

浅川マキでもきくかぁ

九六


【“【漫画蟲蔵】『かわぐちかいじ乃棚』(1)”の続きを読む】
このページのトップへ

【漫画蟲蔵】『高室弓生の棚』()

【漫画蟲蔵】『高室弓生の棚』()

縄文時代を背景に清々しいまでも自然に包括された世界観を醸し出す作家ですね。
東北出身のかただけあってなにか温もりをかんじます。

まずは作品をみていただこう。

高室弓生③-高室弓生②

高室弓生① 縄文物語①わのきなとあぐね-カード2枚とサイン

高室弓生⑤縄文物語②わのきなとあぐね

この他にも「宇野千代監修/遠野物語」がででいますが未読です
別バージョンのというより先に出版されたかもしれない「縄文物語」がありますが未確認。


今回の三冊はぜひ一読をお奨めします。

「ニタイとキナナ」         
「縄文物語―わのきなとあぐね」   
「劇画古事記-神々の物語」

なんだってすごくいいべさ!!
へば またな


九六     

このページのトップへ

【漫画蟲蔵】『なかせよしみの棚』()

【漫画蟲蔵】『なかせよしみの棚』()


これは絶対お奨めの一冊!!!

作者のマークなかせよしみ でもくらちゃん②


まあこれを書く前に、あの赤塚不二夫氏の「おそ松くん」をリピート
松野家の六っ子 名前を憶えているかな
おそ松
カラ松
チョロ松
一松
十四松
トド松
なんですよ。

でっ、出茂倉家には十二人の同じ顔の女の子がいるんです。(奥様は魔女の語りでよんでくださいね)

出茂倉家のママのママのママには双子が産まれ
その双子のママには同時に各双子が産まれ
そのまた双子には各三つ子が同時に産まれた(わっかるかなぁ)
祖祖母⇒祖母二人⇒母四人⇒子供十二人(メンドークサー)
逆から⇒子供二人⇒孫四人⇒曾孫十二人(これでどうだ、ますます判らん)
…。
そんな訳で十二人の同じ顔の女の子がいるんです(白土作品/サスケの分身の術みたーい)
姉妹従姉妹がわんさかわんさか(レナウンモード、わかんねぇーだろうなぁ。イェーイ)

裕子、愛子、良子、慶子、幸子、敬子、かずみ、さゆり、よりこ、まゆみ、まちこ、りょうこ

その擬音たるや もの凄い
歩けば「ざっざっざっざっざっざっ…」「どどどどどど…」
集まれば「わらわらわらわら…」「ぞろぞろぞろ…」
自転車なら「しゃこしゃこしゃこしゃこしゃこしゃこしゃこしゃこ…」
スピード坂道「しゃあーしゃあーしゃあーしゃあーしゃあーしゃあー…」
駆けまわり「ダダダダダダ…」「バタバタバタ…」
トンボに「ぐるぐるぐるぐる…」
電車のなかで荷物を「ガラガラガラガラ…」
林のなかで「うようようよ…」
缶の馬「ガコガコガコガコ…」
雪の校庭「びょん ずぼずぼずぼ こて ばふ じたばた むく」の連続(天使のマーク)

これだけじゃ わからんだろうな 見てご覧 はまっちゃうよ

なかせよしみ でもくらちゃん①

昭和20年出茂倉家に一組の双子が生まれた
昭和42年双子は同日に それぞれまた双子の母となった
平成に入って この4人は同時に子供を授かった
しかも今度は全組が三つ子
…のくだりではじまるこの漫画は
絶対、面白いのだーーー。


九六







このページのトップへ

【漫画蟲蔵】『今敏の棚』

【漫画蟲蔵】『今敏の棚』

数少ない作品ですが…
まずは黙ってみてください。

今敏01-今敏02 (2)

今敏03-今敏04

今敏05-今敏06

『海帰線』は新旧の2冊があります。
『ワイルド アパートメント ホラー』
『夢の化石』
『セラフィム 2億6661万3336の翼』
『オーパス』上下巻は下巻を購入しだい時間をおいて載せます

さて、惜しい人を漫画界は失った。誠に残念、悔しい。

特に『ワイルド アパートメント ホラー』は週刊誌の切り抜きがあったのだが紛失。
なんども東京の空に叫び、だれかれなく おしえたくてたまらなかった。
ちょうど私は、出張にあけくれた東京時代のことでした。

……。
今敏 オーパス①-オーパス下巻




九六











このページのトップへ

【漫画蟲蔵】『佐々木倫子の棚』

【漫画蟲蔵】『佐々木倫子の棚』

さて佐々木倫子氏の棚ですが
初期作品は残念ながらみておりません。
最初にみたのが「動物のお医者さん」ですが棚にはありません。
誰かにみせて頂いた記憶があります

ですので今後のこともありリストを掲載します。(年代不順)
「林檎でダイエット」白泉社
「食卓の魔術師」白泉社
「家族の肖像」白泉社
「代名詞の迷宮」白泉社
「眠れぬ夜に」白泉社 全2巻
「ペパミント・スパイ」全2巻
「動物のお医者さん」白泉社 全12巻
間違っていたらごめんなさい。情報をくださいね。


そしてここからが棚にある蟲たちです
「おたんこナース」小学館 全6巻 ビッグコミックスピリッツ
「Heaven?」小学館 全6巻 ビッグコミックスピリッツ
「月館の殺人」小学館 上下巻 月刊IKKI

しかしながら
「チャンネルはそのまま!」小学館 ビッグコミックスピリッツはみてないんですね。
この次、この次…

こうやってみると、少女雑誌から青年誌への転換をはかったわけですね。
成功ですね。作品「おたんこナース」をみて、おもいっきり笑いました。


特徴とすれば原案/取材者の名前を明記していることです。
男性誌の原作者はいままでも各誌で当たり前ですしアシストの明記も昔からありますが、取材者の明記は知らなかった。最近は雑誌編集者とのコラボ、そしていくつもの名前をもつ隠れた原案者・取材者なども存在していて表にでてくる漫画さんにとって膨らみのある幅のある作品が登場していますね。

氏は、凄くよく調べていらっしゃるし細かいところ、特に使用する独特器具や会話がまた良い。
友人から初期の作品について、今の作風とちがった面があるとのことで期待してます。

どの蟲も厚くて重い…が、今回の地震での印象でしたね。

佐々木倫子01-佐々木倫子02

佐々木倫子03-佐々木倫子04

佐々木倫子05-佐々木倫子06

佐々木倫子11-佐々木倫子12

佐々木倫子13-佐々木倫子14

-佐々木倫子15-佐々木倫子16


佐々木倫子18-佐々木倫子19

佐々木倫子 チャンネルはそのまま!


さあさあみてごらん
面白いんだから~



九六




このページのトップへ

【漫画蟲蔵】『杉浦茂の棚』

【漫画蟲蔵】『杉浦茂の棚』


ある程度の年齢になると子供時代にみたものが、やけに懐かしくなってしまう時がある。
シワの襞にしまいこまれた記憶のあるものが原因で突如して鮮やかに吹き出す。それはとめどもない連鎖反応をおこし、過去の幸せだった居心地のいい時間を垣間見るからであろう。
ひとそれぞれ異なる過去があるわけだが、特に漫画という共通根がペースに含まれると相互間に親しみをおぼえるというものだろう。
駄菓子屋、映画、遊園地といった中から、遊園地のメーゴーランドや特定俳優のしぐさなどです。私にとっての駄菓子屋は5円玉、当たりくじ、心太がキーになっているようだ。

彼の漫画のキーは、赤塚不二夫のレレレのおじさんをみた時に、すぐ杉浦茂の絵がうかんだ。するとコロッケ五円之助や厚切り羊羹がそくざにでてきた。そうか当時のコロッケはメンチなんて言わなかった五円のじゃが芋(馬鈴薯)と肉コロッケ、ましてやクリームコロッケなどなかったか、田舎だからおいていなかったのだろう。

私の棚には杉浦茂氏の蟲は少ない方だろう。古いもは蔵の月刊雑誌の下段に描かれた連続横読みの連続コマのものである。貸本屋にはあったはずだが手にいれることはしなかった。立川文庫の主人公が題材になり奇妙奇天烈なポーズを決めるカットは歌舞伎などのミエともとれるのかもしれない。

もうひとつ重要なことがある、彼の漫画には食べ物がよくでてくる。大福、当然飯、焼玉蜀黍、蕎麦・うどん、前述のコロッケや羊羹、しかし一番登場するのが串団子かもしれない。とにかく遊んでいると思うほど好き勝手に描いている。
でも今のひとに受けるギャグはきっとクールなハチャメチャ感なのかもしれない。

さて蟲達が騒いでいる。

杉浦茂101-杉浦茂102

杉浦茂103-杉浦茂104

杉浦茂105-杉浦茂00

杉浦茂110-杉浦茂111

杉浦茂115

杉浦茂114-杉浦茂116

所持していないが 杉浦茂の復刻シリーズが下記のようにたくさんでている。
可愛がってもらえよ。

忍術合戦
決戦忍術城
ネジ坊珍探検
プロレスの助
拳斗けん太
ジャングル冒険王
近藤勇
岩見重太郎
宮本武蔵
後藤又兵衛
曽呂利さん
弥次喜多珍道中
一心太助
弾丸トミー
ドロンちび丸


九六




【“【漫画蟲蔵】『杉浦茂の棚』”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。