九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

夢時間『夢音』1973~1978

夢時間『夢音』--1973~1978


部屋の片隅、匣から毀れ落ちた原稿
大昔に日記のように描き綴ったものだ‥
何度も棄てようとしたもの

楽曲を聴きならペンをはしらせる
ゑ日記のように白いノートに描きいれる

だから投稿も発表もすることはない
古い原稿が埃にまみれて眠ったまま‥
散らばっている



そう、あの頃、阿佐ヶ谷にいた
毎日が仕事で明け暮れ、疲れ
そして酒浸りの日々がつづいた

あの時代に出逢った彼等は何処にいるのだろう
ジャズから、ロックに、ブルースに
喉までつかり癒す
でも愉しい時間でした

あの頃の描きかけ原稿をベースに暫し振り返る

【夢音001】
あの娘Hは去っていった‥
否、気まぐれな旅にでかけたというのが正しいのかもしれない
夢音001


【夢音002】
いつもの小屋(ライブハウス)
そこであいつを初めてみかけた‥

夢音101++
夢音102
夢音103
夢音104
小さな小屋は音がうごめき、混沌とした世界
木製の椅子が軋む 壁が唸る 床が弾む
夢音105
ひとりひとりが自分の空間に迷いこむ
夢音106



【夢音003】
海の好きだったあいつ

夢音002
夢音003
都会の片隅、孤独だけが友達なのか
でも、何処でも膝を抱える癖
弱さを隠して言掛り
呑めない酒をあおっては
彷徨う
夢音003-2



『宿-三丁目』1975

おいらの好きなあん娘はぁ
新宿花園 可憐花
仇さく花も数々あれど
おいらに 似合いのパンパン娘

かちきな唇 いいがかり
あとには退けない 負けん気が
オカマの五月(サツキ)と 血の喧嘩
つぎの日にゃ 酒くみかわす無邪気花

わたしさぁって‥ 言い方で
あまえ言葉に絆(ほだ)されて
いつのまにか ふたり夢芝居
どうせおいらの あん娘のことだもん

気さくで陽気なあん娘はぁ
春ゆく櫻にさそわれて
いつのまにか きえていた
どこかに 未練の花が散る


この時代の
戯唄ひとつ‥
あの頃こんな唄をつくってよろこんでいた
どうせ まともにゃ弾けない
慰みのギターもない

夢音004-1
隙間を埋めるものは‥
夢音005
夢音006-1
夢音006
夢音008-1
夢音010
弦がうなる
夢音011
夢音012-2
夢音020
夢音021

【夢音004】
阿佐ヶ谷の空の下

この町には様々なみせがある。
そう、お気に入りは決まっているのだが
今日は地下にしようか

夢音030
夢音031
夢音032
夢音033
夢音034
夢音035
漫画家志望の彼女がアシスタント帰りにぼやく
鎌倉にかえろうかと、結婚したはずだけど
なぁbosoboso!
夢音036
夢音037
そうた゜シンジがさっきまでいたよ
ゑが残ってるよ
マサトの詩がある

夢音038
夢音039

【夢音005】
阿佐ヶ谷 ガード下の屋台
屋台の親父には
マスターや若者がありったけの小銭で酔いつぶれる
水でうすめたような呑んでも呑んでも醒めてくる
でも、安いし朝までやっていた
部屋に帰っても裸電球が待っているだけなのだから‥

夢音040
夢音041
夢音042
夢音044
夢音045


【夢音006】
そして‥
夢音022-1


あの扉は閉じられ
時間はとまった

去りし者は戻らず‥
夢音をひきずり
うすれゆく記憶をたどる





by96


※全て仮想空間です。







このページのトップへ

夢時間『羽のない天使』TOM-1975 

夢時間『羽のない天使』TOM-1975 某日ノート


ヘル①---ヘル②

ジャニス---海の精

駆ける---駆ける①

正義の---ウカレル

魔性---スプーン①

スプーン②---スプーン③


『SKETCHES OF TOKYO』①


吉祥寺にブルースの店「N」があった頃
高円寺にライブ「RH」があった頃
池袋の巣鴨プリズン跡地に六十階ビルがたった頃
人形町に都々逸のうまい親父がいた小料理屋「M」があった頃
新宿三丁目に会員制のバー「PANx2」があった頃
阿佐ヶ谷に 「T」「D」があった頃
渋谷の道玄坂の「P」  
駅前屋上のプラネタリウムで仮想の夜空を見上げ
そしてリー・ジュン・ファンが死んだ頃‥

季節が流れ
時代の風景が曲と交差する
クロスロード 君はつかんだかい?


某日『TOM-1975』TOM-カット

tom①-TOM⑬

TOM③-TOM④

TOM⑤-TOM⑥

TOM⑦-tom⑧

TOM⑨-TOM⑩

TOM⑪-TOM⑫

             










このページのトップへ

『夢時間』パールの夢1974

『夢時間』パールの夢1974

『夢時間-夢音-』
夢時間『①』

『夢時間-マギー』  パールが唄う
パールの唄


by96

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック