九六の匣

さまざま詰めこんだ匣

『わが家のゴーヤ』()

『わが家のゴーヤ』()


ゴーヤ01


『わが家のゴーヤ』(02)

九六

このページのトップへ

【上村 玲 展】『フラクタリウム再び』(10/21(月)~10/26(土))

【上村 玲 展】『フラクタリウム再び』
(10/21(月)~10/26(土))
Gallery 彩園子

フラクタリウム再び


このページのトップへ

『秋の満月』()

『秋の満月』()

夜中の1時

中秋の名月 1時



今宵みる
雲に翳りて
月灯り



九六
このページのトップへ

『アントニオ・ロペス』(2013-09-07)

『アントニオ・ロペス』(2013-09-07)


『アントニオ・ロペス』()


このページのトップへ

【九六博物誌】『若冲』(0519)

【九六博物誌】『若冲』(0519)

久しぶりの美術館

若冲10

若冲11

若冲12

入口の看板を撮る


若冲01

若冲00


妻とこのために来盛した友人(東京・秋田)とで鑑賞
実際の絵は撮れないので看板とポスターをのせる


九六


このページのトップへ

『潜水艦富士』(昭和9年)

『潜水艦富士/村上松次郎氏の挿絵』(昭和9年)

潜水艦富士



昭和遊撃隊/原作平田晋策/少年倶楽部/挿絵村上松次郎

私はこのゑが気にいっていますね。


このページのトップへ

『トヨハラ』

『トヨハラ』

トヨハラ 01

トヨハラ 02

はるか北の地
彼の地に足を留めし
銀河の果ての停車場

九六

サハリン
樺太
賢治の訪れた場所

トヨハラ…


このページのトップへ

『モアイの眼』

『モアイの眼』



モアイの眼02

沖の遥かなる青きをみる眼
こころの闇を凝視する
哀しげな未来なのか

モアイの眼01


このページのトップへ

『シルピオン』

『シルピオン』

「世界遺産への招待状 リビア 謎の古代都市 キュレネ遺跡」より

キュレネ地方に自生した万能薬シルピオンの謎

CA3A0023.jpg

そうか
こんな植物なんだ

九六
このページのトップへ

『紅い月/皆既月蝕』

『紅い月/皆既月蝕』

さて今月の21日は晴れていれば、紅い月がみられるそうだ。
さあ、血で塗られたような不思議な夜がやってくる

九六




このページのトップへ

プロフィール

九六

Author:九六
好きなものを自由に書く、読む、観る、描く。そして遊び愉しむ。
【※】【玖絽・by96・九六・九路・KURO・物部黒彦】【96猫國から発信】
【※】-半世紀分の散らばした気侭綴ゑ-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する

全タイトルを表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

月別アーカイブ

ポインタ・スイッチ





ボタン

最近のトラックバック